★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
ネトマガ
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 情報基地
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2020年5月14日【木】16時18分53秒
【告知】サイト運営継続の為、xcoinによる投げ銭をお願いします。
2020年1月14日【火】22時10分19秒
【(゚∀゚)】今見たら間違えている所もあるけれど、日本の歴史をザックリとw
2018年8月2日【木】21時48分30秒
【(*゚▽゚*)】日本を考えるぼっちの会はこちらです♪
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】みんな大好き陰謀論 内藤陽介
【Amazon】インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向 江崎道朗
【Amazon】検証 検察庁の近現代史 倉山満
【Amazon】桂太郎-日本政治史上、最高の総理大臣 倉山満
【Amazon】危うい国・日本 百田尚樹 江崎道朗
【Amazon】「新型コロナ恐慌」後の世界 渡邊哲也
【Amazon】日本外務省はソ連の対米工作を知っていた 江崎道朗
【Amazon】トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」倉山満
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

最悪の事態から考える新型コロナウイルス対応

2020年3月9日【月】21時31分52秒
新型コロナウイルスについて、最悪の事態から色々と考えてみる事にします。
考えながら書きますから、文章にまとまりなんてありませんのでご了承ください。

まず最悪の事態というのは、このウイルスがメチャメチャヤバいウイルスで、人類滅亡とまではいかないまでも、世界を壊してしまいかねない凶悪なウイルスだった場合でしょう。
その可能性は百に一つ、或いは万に一つ、或いは億に一つなのかもしれませんが、当然ですが可能性はゼロではありません。
いずれそのようなウイルスの出現は有ると考えた方が良いわけで、できれば新たなウイルスの広がりというのは阻止したい所です。
しかし、その為に大きな損失を毎回出すようでは困ります。
本当なら全世界が一丸となって阻止できる体制というのを構築しておくべきですが、残念ながら今の世界のまとまりではそれは不可能でしょう。
だったらどうすればいいのでしょうか。
そういう体制を作る方向で進めるべきですが、それまではそういう最悪な可能性はある程度捨てるしかありません。
もちろんそうだと分かった時点で全力で阻止はしますよ。
でもその可能性だけを追ってやっても意味がないので、現状は各国その場合の対応だけ決めて、後は分かるまでは放置で仕方がないでしょう。

さて今回の新型コロナウイルスは、幸いそこまで酷いウイルスではありません。
現在ある程度信頼できる数字でみれば、インフルエンザよりもそこそこ厄介なウイルスと言った感じでしょうか。
ただしかし、そもそもインフルエンザでも厄介なので、相当厄介なウイルスに間違いはありません。
新型インフルエンザの出現によって起こる経済損失は、厚労省のPDFで調べた所によると、GDPを3~4%押し下げるくらいでしょうか。
仮に今回の新型コロナウイルスが同レベルだとしても、経済的損失は大きいと言えるでしょう。
潜伏期間の有無による感染阻止率の低さや、症状の重さを考えれば、おそらくはその何倍もの被害が出てもおかしくないのです。
ただ、今年限りならば、まあ災厄に見舞われたという事で済みます。
しかし常態化してインフルエンザ同様毎年猛威を振るうものになってしまったら、これは毎年経済損失を出す風邪となってしまいます。
インフルエンザでも毎年それなりに経済損失はあるはずです。
インフルエンザの流行時、日本での死者数が1万人で、現在平時の死者数が千人だとしたら、平時の被害は約十分の一となります。
死者数が単純に経済損失につながるのかどうかは分かりませんが、仮に十分の一としても、それが今後ずっと続くのですから、トータルで考えれば莫大な損失となるのです。
そして何年か何十年に一回は新型が発生し、新型インフルエンザ以上の経済的損失を出す事になるでしょう。

そう考えれば、今回例えGDPを20%押し下げるような対応をしたとしても、常態化阻止ができれば元はすぐに取り返せる事になります。

今回のポイントは、春節前に対応するのが一番早い時期でした。
この時にどの程度までやれば、常態化阻止ができたでしょうか。
もちろんまだ結果がでていないので、予想もへったくれもないのですが、おそらく日本で封じ込めに成功していたとしても、世界が抑えられなければまた来年もやってくるのです。
そう考えると、この時期に日本が中国からの渡航制限をしていたとしても無駄だったかもしれません。
まだわかりませんよ。
ただ、常態化阻止ができるのかどうかという部分は、大変大きな問題だという事です。
出来る限り挑戦するのは、決して間違っていないのではないでしょうか。

今回限りの経済損失は、減税や金融財政政策でそれなりにカバーする事ができます。
でも常態化した新型コロナウイルスの損失は、この後恒久的に続いてしまうのです。
そして時々新型が流行し、大きな経済損失と死者を生むでしょう。

さて、どうするのが一番良かったのでしょうね。
今後の事はその辺りを考えてマニュアル化する事になるでしょう。
ただ、常態化阻止も全世界の協力がおそらく必要ですよね。
そう考えるとこれもやるだけ無駄なのかもしれません。
そういう体制にできるよう、世界で協力できる体制づくりが大切になりそうです。

今回の対応は、正直仕方がなかったという所でしょうか。
死者をなるべく減らし、来年以降への経済損失を阻止したとなれば、それはそれで間違いじゃないのです。
今回大きな損失が出たとしても、生きていたらこの先返す事ができます。
もちろん、なんの対策もせず自殺者が増えてしまったら逆効果ですが、当然減税なりなんなりするでしょう。
そこまでしてはじめて『まあよくやった』と言える対応かと思います。
それが無ければ、正直どちらが良かったかは疑問となるでしょうね。

そんなわけで、政府がよくやったかどうかの判断は、今年の自殺者数で決めるのが良いかなという結論に至りました。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!


仮想通貨お賽銭アドレス
サイト運営を応援し賽銭(投げ銭)を投げて下さる方は、投げ銭に関する注意事項を読んだ上、下記仮想通貨を投げ銭する事ができます。

◆xcoin◇エクスコイン◆

xcoin
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト