★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
ネトマガ
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 情報基地
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2020年1月14日【火】22時10分19秒
【(゚∀゚)】今見たら間違えている所もあるけれど、日本の歴史をザックリとw
2018年8月2日【木】21時48分30秒
【(*゚▽゚*)】日本を考えるぼっちの会はこちらです♪
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

新型コロナウイルス武漢肺炎に対する現在の見解 セルフ渡航制限が効いている!?

2020年2月8日【土】14時29分43秒
コロナウイルス、怖いですね。
しかし日本人の団結と予防のおかげで、被害は最小限に食い止められているのではないでしょうか。
政府対応に不満を持つ人も8割くらいおられますが、私はよくやってくれていると思っています。

さてしかし、まだまだ問題はこれからでしょう。
今後どうするべきなのか。
或いは今何をするべきなのか、私の考えを書きたいと思います。

まず結論から言います。
今政府がやるべきは、『もう一段上の渡航制限』と『中国への全力支援』です。
まあこういう事を言うと反論もあるでしょうが、とりあえず理由を話していきます。

渡航制限に関しては、正直な所、理屈で考える上では早急に何かが必要だとは思っていません。
あくまで理屈で考える上ではって事ですよ。
先日3日前に言った通り、私はその日そろそろマズいのではないかと警告を発しました。
しかし政府発表の『クルーズ船の受け入れ拒否』を聞いて、この不安の8割は解消されました。
つまり私はクルーズ船の受け入れにかなりの危機感を持っていたわけですね。

ただし、まだ不安が完全になくなったわけではありません。
まだ何か引っかかる所があるわけです。
だからもう一段上の渡航制限が望まれるわけですが、今の所ここには根拠がないので、正直な所『分からないから保険をかけて欲しい』といった所です。

では何故現状大丈夫だと思うのかですが、春節で大勢の中国人がやってきましたが、未だ日本において日本人に感染したのは僅か2名です。
これは日本人の予防対応が完璧に効いていると考えられます。

更に今、『セルフ渡航制限』が始まっているように見えるのです。

春節の頃は、毎日のように中国人観光客から感染者が見つかっていましたね。
しかし今、それはピタリと止まりました。
これは、中国での封鎖や、やはり病気になるかもしれないのに海外に出るリスクを、中国人も感じているのだと思います。
それに日本は世界で2番目に多い感染者を抱えています。
中国人に限らず、他の国からも日本へは行きたがらないでしょう。

オープンにしている事が、逆に来日客を抑えているように思うのです。

正直、日本人もそろそろ気を張り詰めて予防するのも辛くなってきています。
或いはそれを超えて『慣れ』も出てきていますから、こういう時は改めて気を引き締める必要もあるでしょう。
私の不安はその辺りにあるのかもしれませんが、ですがそれさえ乗り越えられれば、まあ今の所は大丈夫と言えるのです。

だからもう一段、政府が何かしてくれれば、国民も安心できると言った所でしょうか。

もちろん、春節後半の方が感染者が多く来日している可能性も考えて、これから国内感染者が沢山出てくる可能性もありますから、まだ国内が大丈夫だとハッキリ言える段階ではない事も付け加えておきます。

さて、これでもう一段の安心があって国内が大丈夫だとしたら、次は全力で中国を支援する必要があると思います。

おそらく、「このまま中共が終わらないかなぁ」とか、「中国で内乱でも起きて中国が崩壊しないかなぁ」なんて考えている人もいると思います。
だからこそ、「中国を助けている場合じゃないだろう!」と言っている人もいるでしょう。
でもよく考えてください。

『今で大丈夫ですか?』

今中国で何か大きな事が起これば、日本に難民が大勢やってくる可能性がありますよ。
それも、コロナウイルスに感染した患者がです。
平時の難民と訳が違いますが、それでも日本は大丈夫でしょうか。
もしかしたらそれを理由に全拒否しても、世界からは責められないかもしれません。
でもそんな事、日本人ができると思いますか。

感情的には中国なんて支援したくないかもしれません。
国内の不安を無視して物資を送るもの、間違っているかもしれません。

ですが今の中国を放置しておく事の方が、最悪の事態を招きかねないとも思うわけです。

そんなわけで私の現在の考えは、『もう一段上の渡航制限』と『中国への全力支援』が必要という事で‥‥

※※追記※※

国内感染者の数が増えないのは、検査体制がしっかりとしていない可能性もありそうです。
新型コロナウイルスの感染が疑われる症状が出ていても、検査できない事例があるかもしれないのです。
まずは国内対応をしっかりとしていかないと、国民は不安になりますし、政府への不信も高まるでしょう。
その辺りに問題があるのなら、そちらを最優先にして欲しいですね。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト