★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
ネトマガ
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 情報基地
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2020年5月14日【木】16時18分53秒
【告知】サイト運営継続の為、xcoinによる投げ銭をお願いします。
2020年1月14日【火】22時10分19秒
【(゚∀゚)】今見たら間違えている所もあるけれど、日本の歴史をザックリとw
2018年8月2日【木】21時48分30秒
【(*゚▽゚*)】日本を考えるぼっちの会はこちらです♪
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史 内藤陽介
【Amazon】2020年大統領選挙後の世界と日本 “トランプ or バイデン" アメリカの選択 渡瀬裕哉
【Amazon】保守とネトウヨの近現代史 倉山満
【Amazon】中学歴史 令和元年度文部科学省検定不合格教科書 竹田恒泰
【Amazon】天皇の国史 竹田恒泰
【Amazon】ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・工作の近現代史 山内 智恵子 江崎道朗
【Amazon】若者に伝えたい英雄たちの世界史 倉山満
【Amazon】経済で読み解く日本史6平成編 上念司
【Amazon】みんな大好き陰謀論 内藤陽介
【Amazon】インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向 江崎道朗
【Amazon】検証 検察庁の近現代史 倉山満
【Amazon】桂太郎-日本政治史上、最高の総理大臣 倉山満
【Amazon】危うい国・日本 百田尚樹 江崎道朗
【Amazon】「新型コロナ恐慌」後の世界 渡邊哲也
【Amazon】日本外務省はソ連の対米工作を知っていた 江崎道朗
【Amazon】トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」倉山満
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

金融緩和って何?お金を発行するってどういう事?今の日本は?

2020年6月11日【木】23時20分45秒
金融緩和とお金の発行について少し書きます。
分かりやすく書きます。
というか、私も詳しいやり方等は知りません。{笑}
単純な考え方さえ知っていれば、一般人はそれでいいと思いますからね。

まず金融緩和というのは、市場のお金の量を増やす事です。
お金の量を増やす為にお金を発行する事でもあります。
ではどうやってお金を増やすかというと、それは借金です。
こんな面倒なやり方は不要だと私は思っていますが、今はその『信用創造』でしか増やせないので仕方がないのです。

つまり政府がお金を発行して増やす為には、政府が借金をするしかないのです。

国債を発行し、民間の銀行に買い取ってもらって、政府がお金を手に入れ、それをばら撒く事でお金の量を増やすのです。
しかしこのやり方だと、お金の量は増えても、増えた気がしません。
何故なら、銀行に預けたお金は皆持っている事になっていますが、動かないからです。
そこで更にお金を増やす方法として、日銀が銀行の持っている国債を買いとるわけです。
この時初めて実際にお金の量が増えます。
お金を刷ると言われるのはおそらくこれを指します。
何も無い所からお金が出てきて、国債を買いとるのです。

これで実際に政府と銀行にお金がいくわけで、国債分市場のお金が増えました。

この時、市場の国債は減りますね。
市場の国債が減ればどうなるでしょうか。
国債の価値が上がります。
みんな日本の国債は信用があるので、欲しいのです。

オークションを想像してください。
数が少ない国債を多くの銀行が競り合うのです。
この時価格を競うのではありません。
金利を競います。
1%を言った銀行があれば、別の銀行はそれよりも低い金利0.5%などを提示して買おうとします。

今マイナス金利なのは、国債欲しさに金利を下げ過ぎた結果と言えるのでしょうか。
この辺り私もよくは知らないので断言しませんが、こんな感じで金利は決まります。
※日銀の金利は政策で決め、それを見ながら国債の金利も決まってくると言えるかな。

さて、金利がマイナスになれば、銀行はお金を日本銀行に預けていても減るだけです。
だったら貸すなり別に投資するなりして使わなければなりません。
そういった圧力で金を回そうとしているのが今です。
しかしこれには欠点があります。
損をするのは銀行で、得をするのは政府(日銀)だという事です。
ある意味増税と同じです。
だからマイナス金利はあまり意味がありません。
そうならない範囲でやるのが本当は望ましいと私は思います。

今、金融緩和が求められていますが、つまり『政府に国債をもっと発行しろ!』という事であり、『日銀は市場の国債をもっと買え!』という事なのです。

これ以外にどんな方法があるのかは私にはよく分かりませんので、詳しくは専門家にでも聞いてください。

※※追記※※

マイナス金利ではない通常時の金融緩和は、日銀の金利を下げて銀行がお金を借りやすくし、銀行や国民の借金によってお金を増やす事です。
本来はこれで市場のお金の量を調整するわけですが、今はそれができない状況と言えますね。
念の為追記しておきます。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!


仮想通貨お賽銭アドレス
サイト運営を応援し賽銭(投げ銭)を投げて下さる方は、投げ銭に関する注意事項を読んだ上、下記仮想通貨を投げ銭する事ができます。

◆xcoin◇エクスコイン◆

xcoin
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト