★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
ネトマガ
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 情報基地
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2020年5月14日【木】16時18分53秒
【告知】サイト運営継続の為、xcoinによる投げ銭をお願いします。
2020年1月14日【火】22時10分19秒
【(゚∀゚)】今見たら間違えている所もあるけれど、日本の歴史をザックリとw
2018年8月2日【木】21時48分30秒
【(*゚▽゚*)】日本を考えるぼっちの会はこちらです♪
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】税金下げろ、規制をなくせ 日本経済復活の処方箋 渡瀬裕哉
【Amazon】米中ソに翻弄されたアジア史 宮脇淳子 江崎道朗 福島香織
【Amazon】日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史 内藤陽介
【Amazon】2020年大統領選挙後の世界と日本 “トランプ or バイデン" アメリカの選択 渡瀬裕哉
【Amazon】保守とネトウヨの近現代史 倉山満
【Amazon】中学歴史 令和元年度文部科学省検定不合格教科書 竹田恒泰
【Amazon】天皇の国史 竹田恒泰
【Amazon】ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・工作の近現代史 山内 智恵子 江崎道朗
【Amazon】若者に伝えたい英雄たちの世界史 倉山満
【Amazon】経済で読み解く日本史6平成編 上念司
【Amazon】みんな大好き陰謀論 内藤陽介
【Amazon】インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向 江崎道朗
【Amazon】検証 検察庁の近現代史 倉山満
【Amazon】桂太郎-日本政治史上、最高の総理大臣 倉山満
【Amazon】危うい国・日本 百田尚樹 江崎道朗
【Amazon】「新型コロナ恐慌」後の世界 渡邊哲也
【Amazon】日本外務省はソ連の対米工作を知っていた 江崎道朗
【Amazon】トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」倉山満
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

現状のまとめ!死型コロナウイルスCOVID-19について

2020年5月3日【日】13時34分09秒
一貫した主張というのは良いように思われがちです。
しかしこういった未知のものに対する対応というのは、状況や情報によって当然対処が変ります。
もちろん最初から全て分かっている、或いは状況や情報に関係無くやるべき事というのはあるでしょう。
その場合の一貫した発言というのは信じられます。
或いは別の思惑を持って発言している場合、発言が一貫する場合もありますから、全て否定はできません。
とは言え、まあとにかく一貫しているから良いというものではないという事です。

私の場合はどちらもありませんから、状況と情報によって時々に目指すべき方向は変わっています。
日和っているように見えますが、それが当然だという認識を持っていただきたいです。
常に修正は必要なのです。

このウイルスの事を最初に知ったのは、去年の12月だったでしょうか。
ヤバいウイルスが中国で発生しているという話を聞き、この時は単純に『日本に入ってくるなよ』という気持ちでした。

次に聞いたのが1月22日でした。
私はこの時、『入国制限が必要だ』と訴えました。
今にして思えば、正直無駄でしたね。
完全な鎖国ができれば効果はあったでしょうが、欧米先進国が完全封鎖するまで日本は動けなかったでしょう。
そう考えると、あの時の政府対応は間違いでは無かった事になります。
ただ、欧米が動かないと日本が動けないというこの状況は懸念しますね。
百田尚樹さんも指摘しておられますが、対応云々ではなく、日本が自主的に動けるかどうかという意味で、今の日本は問題があったと言えるでしょう。

さてこのウイルス、この時点では『凄くヤバそうなウイルス』という認識でしたが、現在はどうでしょうか。
私は以前、『医療リソース』という視点で見れば、インフルエンザと比べて100倍ヤバいと考えるべきと言いました。
理由は3つです。

1つは重症化率です。
10倍あるといわれていたわけで、10倍医療リソースを食うという話です。
しかし現在抗体検査の結果が徐々にでてきていますが、実はインフルエンザと大差ないのではないかという話にもなってきています。
まだハッキリとはわかりませんが、抗体検査如何では同程度という所まで下がる可能性があります。

2つ目は完治するまでの時間です。
インフルエンザは約1週間で治りますが、新コロは1ヶ月以上かかる事もざらです。
4倍入院するとなれば、4倍医療リソースを食うわけです。
これは今も変わらず、厄介なウイルスである事は間違いありません。
ただ、医療さえ崩壊しなければ、致死率にまでは影響しない事になります。

3つ目は、突然容態が悪化して死ぬ事が多いという事です。
つまり軽症者もある程度監視しておかなければならないので、できるだけ確認できる施設での隔離が必要になっています。
これをする事で医療リソースをかなり食う事になっています。
突然死は現在死者の2%くらいでしょうか。
これを許容するのなら、この負担も無くす事ができますが、許容したらしたで多少死亡率も上がるでしょうから、別の視点で見ればやはりインフルエンザよりも怖いウイルスと言って間違いないでしょう。

ただ、現実に出てきている感染者数と死亡者数しか情報が無かった頃よりは、危険度は下がっている事になります。
別にだからと言って油断して良いレベルではありませんけれどね。
全く何もしなければ、数十万人が死ぬレベルのウイルスに間違いはないのです。
まあ、全く何もしないって事はないでしょうから、国民任せだと3万人の死者という辺りが私の現在の予想です。

そんな怖いウイルスが、2月はある程度抑えられた雰囲気がありました。
私の体調も良くなり、嫌な空気も感じなくなっていたのです。
だからこのまま収まるのではないかという思いもありました。
しかし私の勘は、そんな甘くはないという事も感じていました。
とはいえ現状大丈夫そうなので、このまま終息しそうだという予想を出していました。
結果はやはり外れました。
新たに感染が拡大したのです。
ただこれは中国から来た新コロではなく、どうやら欧米経由の変異したものでした。
つまり国内の空気が良くなっているという私の肌感覚は当たっていたのです。
しかしこの頃、欧米を旅行し、新コロを持って帰ってくる人が多発していたのです。
3月になり再び新コロは増加していったのです。

これはヤバいという事で、世間では緊急事態宣言を出すか出さないかという話になっていました。
私は国民に危機感を持ってもらうという意味で、方向は間違っていなかったと思っています。
ただその方法が緊急事態宣言というのには反対でした。
自粛も自粛警察によって徐々に自粛ではなく他粛になっており、そうではないと思っていました。
一点『危機感を持たせられるのなら』という考えだけはありました。
ちなみに感情的には緊急事態宣言は大歓迎です。
私は感染リスクの高い生活をしているにも関わらず、感染するとマズい状況にあったからです。
正直緊急事態宣言が出た時はホッとしました。
あくまで個人的には嬉しかったのです。
ただ、国家の対応という意味では違うのではないかと今も思っています。
それに一度出してしまった緊急事態宣言は、解除の方法が難しいです。
解除して危機感も一緒に失ってしまっては意味がありません。
やはり私が当初から言っている通り、シラスによって危機感を持ってもらわないと意味がないと感じます。
この頃の私の発言も、危機を認識してほしいという思いが大きかったですね。

緊急事態宣言は効果を出しています。
実際に上昇していた感染者数の伸びは減り始めています。
多くが危機感を持った事が大きいでしょう。
さてしかし、自粛から含めて既に2ヶ月が経ち、経済がかなりヤバくなってきました。
完全に封じ込められるかどうか望みが薄い今、この中で社会活動を再開していく事が重要になってきています。
私は危機感を持ったまま、社会活動を再開してく必要があると思っています。

最初にこのウイルスのヤバさについて3つのポイントを話しました。
入院期間が長くなるのはどうしようもないですが、他の部分は希望もありますし、対処方法も考えられます。
抗体検査をして、実際の所どうなのかハッキリとした情報が欲しいですね。
ここに望みはきっとあると思うのです。
或いは日本では何故か死亡者が少ないという分からない要素もあります。
分からない事を理由に行動するのは危険ですが、実際に数字として低いのだから、他国の状況は無視して考える事も選択肢です。

そして医療リソースを食う全員隔離の対応です。
ホテルを借りてそこで対応しても大して変わらないというのなら、早くホテル確保をして準備するべきです。
そうでなければ、突然悪化して亡くなる方に関しては許容する事も考える必要があるでしょう。
軽症者以下は全員自宅療養にするのです。
こうする事で、かなり医療従事者への負担は軽減されると思うのです。

今国民が認識しておかなければならないのは、新コロはかなり危険だという事と、そして同じくらい社会活動をして行かなければならないという事です。
どちらに偏っても行けません。
バランスが大切なのです。

そして政府は、その国民の思いを見極め、どういうシナリオで動くのかを決め、それを国民に示す事です。
ただ命令に従えではストレスも溜まりますし不安です。
自分達の頭で考え、自分達で行動する事が大切なのです。
その為に情報を伝え、道筋を示して欲しいですね。

今私は、ブラジルの動向が気になっています。
割とノーガードでやっている国ですが、思ったよりも被害が小さいのです。
その理由が気温である可能性を考えています。
もしもブラジルで今後感染者が増えるようなら、日本はそれに合わせて社会活動再開をしていくのも手ですね。
或いはそこで完全収束させてしまうのも選択肢です。


私が最初から一貫して言っている事がありました。
まずは死なない事をできるだけ優先する事です。
これは経済悪化により亡くなる方も含めてです。
死んでしまったら、その人がこの先行う経済活動全てが無くなるのです。
生きてさえいれば取り戻す事は可能です。
しかし経済が死んでも取り戻せないかもしれないし、時間もかかるでしょう。
ちゃんと政府が対応してこそ、緊急事態宣言も生きてくるのです。
今の政府対応はどうでしょうか。

ハッキリ言って遅い!!

これでは国民からの社会活動再開の声が大きくなっても当然ですね。
政府がちゃんと対応してくれる前提で緊急事態宣言を支持したら、ちゃんと対応してくれなかったのですから。
そりゃ論調も変わってくるというものですよ。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!


仮想通貨お賽銭アドレス
サイト運営を応援し賽銭(投げ銭)を投げて下さる方は、投げ銭に関する注意事項を読んだ上、下記仮想通貨を投げ銭する事ができます。

◆xcoin◇エクスコイン◆

xcoin
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト