★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
ネトマガ
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 情報基地
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2020年1月14日【火】22時10分19秒
【(゚∀゚)】今見たら間違えている所もあるけれど、日本の歴史をザックリとw
2018年8月2日【木】21時48分30秒
【(*゚▽゚*)】日本を考えるぼっちの会はこちらです♪
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】「新型コロナ恐慌」後の世界 渡邊哲也
【Amazon】日本外務省はソ連の対米工作を知っていた 江崎道朗
【Amazon】トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」倉山満
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

もう新型コロナウイルスの広がりを止める事はできないのだろうか?まだ渡航制限する事で可能性はあると思う!

2020年2月6日【木】09時03分53秒
百田さんが再び、ツイッターで積極的に声を上げてくださっている気がします。
ありがたいですね。
こういうのは発言力のある人が少数訴えてくれるくらいが良いと思うのです。
多すぎてもパニックを引き起こす可能性がありますし、誰もいなければ選択肢に入らない可能性もありますからね。

さて今日は、広がり始めた新型コロナウイルスはもう止められないのか?という事を考えます。

ある研究結果によりますと、一度広がり始めたら、渡航制限しようが広がりを遅らせる事しかできないというのです。
ただですね、仮にこの研究結果が正しかったとしても、広がりを遅らせる事で『死亡率を減らす』結果というのもあるようです。
これはおそらく準備ができるという事だろうと思いますし、死亡率だか死亡者数も1/8になったという話もあり、渡航制限には大きな効果を期待できるでしょう。

そして私はまだ、広がりを抑えられると思っています。
※昨日の時点で。

昨日の虎ノ門ニュースで上念司さんは、『武漢から500万人が避難して世界中に行っているのだから、おそらくもう世界パンデミックははじまっている』というような話をしていたかと思います。
正確な所は、昨日の虎ノ門ニュースや上念氏のツイッターで確認していただければと思いますが、私はそれでもまだ日本は封じ込めできる可能性があると思っています。

まず、春節の旅行者の中で、中国から日本に旅行に来たのは70万人でしたでしょうか。
まあ仮に100万人として、その当時のデータで何人が感染者かと計算しますと、中国で数千人の感染者なわけです。
14憶の内1400人が感染していたとして、100万人中10人くらいなわけですね。
その内体調が悪くても日本に来た人、そしてそのまま入国した人はどれくらいいるでしょうか。
おそらく0人に近いわけです。
そして潜伏期間に来て、日本で発症した人は今日本で治療を受けている人たちですね。
潜伏期間のまま帰った人が、おそらくその数倍はいるものと思われます。

仮に潜伏期間のまま帰った人が50人いたとしましょう。
コロナウイルスの感染力は1.4~2.5くらいと言われ、インフルエンザと同等か、それ以下なわけです。
これは当然発症している人、咳やクシャミをするような人の場合で、発症していない潜伏期間の人が他人にうつすリスクはほぼ0に近いと思われます。
そこで感染した人が今日本人感染者の2名だとしたら、そんなに計算も違わないのかなと思うわけです。

つまり数字的には現在日本で発表されている数字はほぼ理屈に当てはまるわけです。

『日本では無料で治療できるから、中国人が押し寄せてくる』なんて話も聞きますが、実際はそれでどれだけの中国人の感染者が発表されているでしょうか。
普通は出かけずにいるでしょうし、少なくとも中国国外に出ている感染者は、まだまだ計算できる範囲内だと思われるのです。

パンデミックは始まると止められませんが、まだ始まっていない可能性があると私は見ているわけです。
それに研究結果は、過去の研究です。
世界は発展し、疫病が広がる可能性は昔と比べれば小さくなっています。
日本においては全く当てはまらない可能性もあるのです。
脅威的に感染を抑えている数字がありますからね。

ただ感染が広がるかどうかのボーダーラインもそろそろだと思いますし、個人的には渡航制限強化を期待したい所ですね。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト