★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
ネトマガ
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 情報基地
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2020年5月14日【木】16時18分53秒
【告知】サイト運営継続の為、xcoinによる投げ銭をお願いします。
2020年1月14日【火】22時10分19秒
【(゚∀゚)】今見たら間違えている所もあるけれど、日本の歴史をザックリとw
2018年8月2日【木】21時48分30秒
【(*゚▽゚*)】日本を考えるぼっちの会はこちらです♪
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】ウッドロー・ウィルソン 全世界を不幸にした大悪魔 倉山満
【Amazon】税金下げろ、規制をなくせ 日本経済復活の処方箋 渡瀬裕哉
【Amazon】米中ソに翻弄されたアジア史 宮脇淳子 江崎道朗 福島香織
【Amazon】日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史 内藤陽介
【Amazon】2020年大統領選挙後の世界と日本 “トランプ or バイデン" アメリカの選択 渡瀬裕哉
【Amazon】保守とネトウヨの近現代史 倉山満
【Amazon】中学歴史 令和元年度文部科学省検定不合格教科書 竹田恒泰
【Amazon】天皇の国史 竹田恒泰
【Amazon】ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・工作の近現代史 山内 智恵子 江崎道朗
【Amazon】若者に伝えたい英雄たちの世界史 倉山満
【Amazon】経済で読み解く日本史6平成編 上念司
【Amazon】みんな大好き陰謀論 内藤陽介
【Amazon】インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向 江崎道朗
【Amazon】検証 検察庁の近現代史 倉山満
【Amazon】桂太郎-日本政治史上、最高の総理大臣 倉山満
【Amazon】危うい国・日本 百田尚樹 江崎道朗
【Amazon】「新型コロナ恐慌」後の世界 渡邊哲也
【Amazon】日本外務省はソ連の対米工作を知っていた 江崎道朗
【Amazon】トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」倉山満
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

空気感染と飛沫感染、そしてエアロゾル感染?分かった事から想像してその違いを伝える

2020年2月12日【水】09時48分44秒
私は以前このような記事を書きました。

空気感染と飛沫感染の境界線を考える!中国で何故これほど新型コロナウイルス感染が広がってしまったのか!?

今思っても、あながち間違いではない気がします。
何故なら、飛沫感染だけでは説明できないような感染がおこっているからです。
ですがそれを空気感染というには違います。

飛沫感染と空気感染の違いを言いますと、まず飛沫感染というのは、鼻水、タン、クシャミや咳や喋ったりした時に飛ぶ唾などを別の人が取り込み感染する事です。
基本的には2m以内にいなければ大丈夫と言われています。

一方空気感染は、そういった行為から飛び散ったウイルスが乾燥し、ウイルスだけになると軽くなり、それが空気中を漂う状態から吸い込み感染する事です。
しかし今回の新型コロナウイルスは重いので、空気感染はしないと言われています。

そこで言われているのがエアロゾル感染です。
これは湯気のような小さな水の粒子に付着して空気中に広がる事だそうです。
まあでも、こういう状態ってのはあまり想像できませんよね。
ですがこれに似た状況というのはあり得ます。

埃にウイルスが付着し、それが舞い上がる状態です。

インフルエンザではこういう感染というのは言われています。
だからしっかりと部屋を綺麗にしておく事が大切だというのです。
つまり埃っぽい部屋に感染者と一緒に暮らしていると、うつる可能性は高くなるという事でしょう。

では、このような部屋の状態が、外でもあり得るでしょうか。
中国ならあり得ますね。
PM2.5は小さいので難しそうですが、それ以外の大きな不純物もかなり漂っており、見通しが悪くなるほどです。
PM2.5によって肺が攻撃されている中、更に埃などと一緒に新型コロナウイルスが体に入ってきたらどうでしょうか。
感染確率はあるのではないかと思うわけです。

ただし、この説が間違っていると思う数字もあります。
日本でのインフルエンザのピークは、2月の前半くらいです。
もしも私の説が正しければ、花粉によってもウイルスが飛ばされる可能性があります。
花粉によって弱っている人にウイルスが取り込まれれば、インフルエンザになる人も多そうですよね。

しかし逆に鼻水も出るので、入ってきたウイルスが洗いだされているとも考えられます。
花粉が飛ぶのは2月前半からで、もしかしたら花粉症によってインフルエンザを抑えている可能性もあるかもですね。

今アメリカではインフルエンザが大流行しています。
もしも花粉がインフルエンザを抑えているとしたら、アメリカでもそろそろ収束に向かうはずです。
しかし現在でもアメリカではインフルエンザ被害は拡大しています。
私の考えは間違いでしょうか。
いいえ、アメリカでの花粉症は4月くらいからなのです。
だから可能性としては考えられるのです。

まあ何にしても、花粉で感染率が上がるというのは、データ的には当てはまりません。
しかし埃によって感染すると言う話は、インフルエンザではあるようです。
ならばコロナウイルスでもあるはずで、大気汚染された中国ならではの感染なのかもしれないと感じています。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!


仮想通貨お賽銭アドレス
サイト運営を応援し賽銭(投げ銭)を投げて下さる方は、投げ銭に関する注意事項を読んだ上、下記仮想通貨を投げ銭する事ができます。

◆xcoin◇エクスコイン◆

xcoin
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト