★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
ネトマガ
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 情報基地
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2020年5月14日【木】16時18分53秒
【告知】サイト運営継続の為、xcoinによる投げ銭をお願いします。
2020年1月14日【火】22時10分19秒
【(゚∀゚)】今見たら間違えている所もあるけれど、日本の歴史をザックリとw
2018年8月2日【木】21時48分30秒
【(*゚▽゚*)】日本を考えるぼっちの会はこちらです♪
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】ウッドロー・ウィルソン 全世界を不幸にした大悪魔 倉山満
【Amazon】税金下げろ、規制をなくせ 日本経済復活の処方箋 渡瀬裕哉
【Amazon】米中ソに翻弄されたアジア史 宮脇淳子 江崎道朗 福島香織
【Amazon】日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史 内藤陽介
【Amazon】2020年大統領選挙後の世界と日本 “トランプ or バイデン" アメリカの選択 渡瀬裕哉
【Amazon】保守とネトウヨの近現代史 倉山満
【Amazon】中学歴史 令和元年度文部科学省検定不合格教科書 竹田恒泰
【Amazon】天皇の国史 竹田恒泰
【Amazon】ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・工作の近現代史 山内 智恵子 江崎道朗
【Amazon】若者に伝えたい英雄たちの世界史 倉山満
【Amazon】経済で読み解く日本史6平成編 上念司
【Amazon】みんな大好き陰謀論 内藤陽介
【Amazon】インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向 江崎道朗
【Amazon】検証 検察庁の近現代史 倉山満
【Amazon】桂太郎-日本政治史上、最高の総理大臣 倉山満
【Amazon】危うい国・日本 百田尚樹 江崎道朗
【Amazon】「新型コロナ恐慌」後の世界 渡邊哲也
【Amazon】日本外務省はソ連の対米工作を知っていた 江崎道朗
【Amazon】トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」倉山満
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

空気感染と飛沫感染の境界線を考える!中国で何故これほど新型コロナウイルス感染が広がってしまったのか!?

2020年2月1日【土】14時17分33秒
先に言っておきます。
私はほとんどウイルスの知識も持っていませんので、これは想像で書いた記事となります。
ご了承ください。

まず、空気感染と飛沫感染の違いを考えます。
空気感染は、同じ部屋にいる感染者からウイルスが感染するような場合です。
空気に漂うウイルスを吸い込み、それによって感染するわけですね。
一方飛沫感染とは、咳やクシャミなどにより飛び出た唾液などを取り込む事によって起こる感染です。

さて、これの違いはなんでしょうか。
おそらく飛沫感染ウイルスでも、空気中に漂ったりしているわけです。
そして確実にそれを吸い込んでいるはずなのです。
なのに何故感染しないのでしょうか。

簡単ですね。
取り込む数によって感染するかしないかが変るのです。

ウイルスの感染力というのは、取り込んだウイルスが増える速度によって変わるようです。
ほら、弱い生き物は大量に子供を産みますが、人間のように強い生き物は一人しか生まなかったりしますよね。
ウイルスも同じで、症状がヤバいウイルスは感染力が低く、増殖スピードが遅いわけです。
逆に症状が軽いものは感染力が高く、増える速度も速いのです。

空気感染するようなウイルスは基本弱いですが、人の体に入ると即座に数を増やすわけです。
すると人間の抵抗では対応しきれず、風邪をひいてしまうわけです。
一方飛沫感染ウイルスは、結構強く、人の体に入っても一気に増えるわけではありません。
だから少ない数なら人間の抵抗力によって駆逐する方が早く、感染しないわけなのです。

でももしもこの私の想像が正しければ、つまりは『沢山のウイルスを一気に取り込めば空気感染もあり得る』となるわけです。

日本での感染はあまり確認されず、中国で爆発的に広がった理由に、『衛生環境』や『人々の心構え』なんかが挙げられています。
もちろんそう言った理由もありますが、私は別の可能性も考えられると思ったのです。
それが今回記事にしようと思った理由なのですが、それは『空気感染し得る環境があった』のではないかと思ったわけです。


空気感染するようなウイルスは、ウイルス10個で感染するとしましょう。
そして飛沫感染ウイルスは、ウイルス1000個で感染するとしましょう。
これだけ差があれば、ほぼこの飛沫感染ウイルスで空気感染する事はあり得ないはずです。
でも、空気から1000個のウイルスを吸い込むだけの環境が有ったとしたらどうでしょうか。
それが中国にはあるような気がするのです。
つまり空気感染しているのではないかと思ったわけです。

もちろん、体調による抵抗力の低下などで、ウイルス1000個で感染の所、500個で感染するようになっていたとか、そういう別の理由も含まれますよ。
あくまで色々な理由によって空気感染してしまう条件がそろったのではないでしょうか。

さてその理由ですが、それは中国の空気が汚れているという事です。
PM2.5やもちろん衛生環境も含めて、不純物が空気中に沢山あれば、それにウイルスが付着します。
すると本来はせいぜい吸い込んでも100個程度のはずが、500個やそれ以上吸い込んでしまう場合もあると思うのです。

私、実はそれを身をもって知っているといいますか、そういう条件で風邪をひきやすいんですよね。
埃っぽい所が苦手で、そういう所にいくと大抵体調を崩すのです。
これってきっと、空気中のばい菌をまとめて吸い込んでいるからなのではないでしょうか。

私の想像がもしも正しければ、中国では空気感染する事も可能性としてはあり得ると思うのです。
だから中国では感染が広がってしまったのではないかと、私は勝手に想像します。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!


仮想通貨お賽銭アドレス
サイト運営を応援し賽銭(投げ銭)を投げて下さる方は、投げ銭に関する注意事項を読んだ上、下記仮想通貨を投げ銭する事ができます。

◆xcoin◇エクスコイン◆

xcoin
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト