★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
ネトマガ
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 情報基地
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2020年1月14日【火】22時10分19秒
【(゚∀゚)】今見たら間違えている所もあるけれど、日本の歴史をザックリとw
2018年8月2日【木】21時48分30秒
【(*゚▽゚*)】日本を考えるぼっちの会はこちらです♪
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】「新型コロナ恐慌」後の世界 渡邊哲也
【Amazon】日本外務省はソ連の対米工作を知っていた 江崎道朗
【Amazon】トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」倉山満
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

中国からの渡航を制限しなかったのは経済面では失敗だった!しかし裏にはもしかしたら‥‥

2020年2月25日【火】09時07分30秒
日本政府の新型コロナウイルス対応を単純に経済面だけで評価するのは違うと思います。
ただ、少なくとも経済面だけで見れば、ここまでの対応は失敗だったのではないかという話です。

確かに春節には、中国から沢山の観光客が来て、観光地は潤ったかもしれません。
しかし今の日本は危険な国とされ、他の外国からの観光客も減っています。
そして何より武漢肺炎により、国内の経済活動がドンドン制限されてしまっています。

もしも私が言った1月22日の時点で効果的な渡航制限ができていれば、国内発症者は確実に把握できる極少数で収まっていました。
あくまで結果論ですが、少なくとも日本が危険だと見られる事は無かったし、国内での経済活動が制限される事態にはなっていなかったと思われます。

そして最も今ヤバいと思われるのが、風邪で会社を休まなければならないという事です。
これはあたり前と言えばあたり前の事ですが、残念ながら日本はそれがあたり前とは言えませんし、それができる体制にもありません。
長いデフレ経済の中で、会社の人員は削減され、ギリギリまで削られている状態なのです。

例えば正常な会社経営に100人必要な会社が有ったとして、日本は元々105人くらいは確保している会社が多かった国でした。
しかしデフレ経済の中で景気が悪く、仕方なくこれを100人まで削ってしまったのです。
もう誰も風邪ですら休めない状態になってしまったのです。
ただ最近はそれはまずいという事で、法的にも改革がされ、無理に102人くらいは確保するようになりました。
だから全く風邪で休めないわけでもないですが、数が重なるとすぐに会社の経営に支障をきたすレベルなのです。

本来は110人くらい確保しておくべきなのです。
それが強い会社であり、強い経済の中にある会社と言えるでしょう。

残念ながらそんな経済がダメな日本社会に、新型コロナウイルスがやってきました。
検査もできない状態ですし、検査したとしても確実な答えは出ません。
だから今は、『たとえただの風邪であっても自宅隔離』が必要な状態です。
もしも新型コロナウイルスの侵入を防げていたら、風邪で休めという話にはなっておらず、経済にまでは支障がでなかったでしょう。
少なくとも国内経済ではです。
しかし今は、風邪ですら確実に休まなければならず、これはおそらく確実に会社経営に支障がでるわけです。


つまり効果的な渡航制限をしなかった事で、これから大きな経済的損失が出てくるという事になるのです。

ただですね、これは経済的に見ただけの話であり、渡航制限しなかったのには訳があると思うのです。
どうして政府はそこまで中国の顔色を伺うような決定をしたのでしょうか。
どうしても裏があるとしか私には思えません。
それもかなり大きな理由ではないでしょうか。

そこでここからは私の妄想ですが、例えばこんな場合です。
ツイッターでは時々書いているのですが、習近平氏が日本の傀儡的存在である等です。
実際にそうである必要はありません。
日本政府がそのように認識しているだけで、日本の行動は制限されるのです。

たとえばこんな約束をしていたらどうでしょうか。
日本から『中国も民主化すればどうだろうか。さすれば習近平氏は英雄になれますよ』なんて話をするわけです。
習近平氏もその話に乗り、自分が完全な皇帝となったあかつきには、日本の天皇制のような形で民主化しようと。
だったら日本は、全面的に習近平氏を支持し協力すると約束するわけです。

まあこんな約束が有ったとは思えませんが、何かしら約束があれば、日本はどんな状況であっても習近平氏を支える為に協力せざるを得ないわけです。
だから私は、政府の行動が正解かどうかはハッキリ言って現時点では分かりませんし、結果を見るしかないと思っています。
本当の答えは数年後、或いは100年後になるかも分かりません。
ただ振り返ってみて、あの時中国からの渡航を制限せず、日本も中国と一緒になって損失を顧みず戦ったから上手く行ったのだなと思えれば、この時の政府の選択は正しかったとなるわけです。

とは言え、今の我々にはそこまでは分からないので、ある程度失敗だったと思えるようになったら私は政府を批判しますよ。
そんな裏の分からない事の為に、今を生きる我々が辛い思いをさせられるのだから、それはたまったもんじゃありません。
今を生きる人を捨てたらそれはそれで政府対応としてはアウトなのです。

何にしても、今はアメリカの新型コロナウイルスの状況が気になります。
アメリカで抑えられていなかったら、おそらく日本で渡航制限をしても無意味だったでしょう。
だから結果的に日本の対応はここまで間違っていなかった事になります。
しかしアメリカがもしも抑えられていたら、私は日本の対応はここまで『経済的にだけ見れば』失敗だったのではないかと思います。

何度も言いますが、経済的にだけ見る事は間違いですからね。
他にも色々と踏まえて、ある程度見えた時に政府の対応は評価しようと思います。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト