★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
ネトマガ
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 情報基地
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2020年5月14日【木】16時18分53秒
【告知】サイト運営継続の為、xcoinによる投げ銭をお願いします。
2020年1月14日【火】22時10分19秒
【(゚∀゚)】今見たら間違えている所もあるけれど、日本の歴史をザックリとw
2018年8月2日【木】21時48分30秒
【(*゚▽゚*)】日本を考えるぼっちの会はこちらです♪
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史 内藤陽介
【Amazon】2020年大統領選挙後の世界と日本 “トランプ or バイデン" アメリカの選択 渡瀬裕哉
【Amazon】保守とネトウヨの近現代史 倉山満
【Amazon】中学歴史 令和元年度文部科学省検定不合格教科書 竹田恒泰
【Amazon】天皇の国史 竹田恒泰
【Amazon】ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・工作の近現代史 山内 智恵子 江崎道朗
【Amazon】若者に伝えたい英雄たちの世界史 倉山満
【Amazon】経済で読み解く日本史6平成編 上念司
【Amazon】みんな大好き陰謀論 内藤陽介
【Amazon】インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向 江崎道朗
【Amazon】検証 検察庁の近現代史 倉山満
【Amazon】桂太郎-日本政治史上、最高の総理大臣 倉山満
【Amazon】危うい国・日本 百田尚樹 江崎道朗
【Amazon】「新型コロナ恐慌」後の世界 渡邊哲也
【Amazon】日本外務省はソ連の対米工作を知っていた 江崎道朗
【Amazon】トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」倉山満
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

新型コロナウイルスのまとめ 今後の展開は?

2020年2月26日【水】15時29分49秒
先ほどテレビを見ておりましたら、30代女性で、喋り方からどうやら外国人と思われる方が出ていました。
その方が言うには37.5度以上の熱が14日続いていて、4件の病院をまわったけど新型コロナウイルスの感染検査をしてもらえなかったというのです。

えっと‥‥
外国人かどうかは断言できませんが、こういう人がいるから院内感染の危険が高まるわけですね。
インタビューに答える程度ですから、症状は重くなさそうです。
こういう場合は、自宅隔離で安静にするのが今のルールです。
何故なら、感度も特異度もまだまだ低いですから、検査した所でやる事は自宅隔離して安静にするしかないからです。

とは言え、こういう人は少なからずいるものです。
だったらどうするべきでしょうか。
こういう人は検査するしかありません。
そして一刻も早く自宅で安静にしてもらうのです。
或いは新型コロナウイルスの感染者で無ければ、自由にしてもらっていいのです。

その代わり、検査費用はしっかりと払ってもらいますし、より正確を期すために数回検査を受けてもらいます。
それくらいやって、こういう人達は封じ込めていくしかないでしょう。

外国人かどうかは分かりませんが、まあこういう時に団結できない人が多いと、アメリカのようにインフルエンザですらあれだけの死者を出す事にもなるのです。
中国の武漢のように医療崩壊を起こすのです。
アメリカは他民族で良い国だと思う人もいるでしょうし、実際良い所もありますが、インフルエンザの致死率が日本の10倍以上ある事を考えると、一概にどちらが良いとは言いづらいですね。
私は日本の方が好きです。

さて、新型コロナウイルスに付いてまとめようと思ったのですが、いきなり先ほどのテレビの報道が気になったので、まずはそちらについて語りました。
新型コロナウイルスについてのまとめですね。

まずは新型コロナウイルスについてです。

インフルエンザに比べると、感染力は似たようなものですが、毒性は強く感じます。
致死率も高く、なにより潜伏期間が読めないので、対応が難しいのが厄介です。
今後治療方法が確立してくれば、致死率は下がってくるでしょうが、インフルエンザよりも怖いウイルスである事は間違いなさそうです。
直近気になっているのは、暖かくなって感染力が弱まり、終息するのかどうかという所です。
感染が広がっている地区を見れば、おおよそ四季があって現在冬の地域と言えます。
おそらくですが、インフルエンザと同様に、4月頃には終息に向かうものと思われます。

問題は、これが常態化して毎年起こるものとなるのかどうかですね。
来年は今年ほど混乱はしないと思いますが、インフルエンザよりも厄介な風邪が毎年起こるとなると、生活が少し不自由になると考えられます。
だから絶対に常態化させない方向での対応が望まれるでしょう。

感染方法については、飛沫感染や接触感染、あるいはエアロゾル感染といわれていて、おおよそインフルエンザと同じと考えられます。
埃に付いたウイルスが舞って、それを吸い込む事による感染もありそうで、空気感染ではありませんが、それに近い事も起こり得るというのも、おそらくインフルエンザと同様かと思います。
密室に大勢で長時間いるのは避けた方が良さそうです。
普通に道を歩く程度なら、マスク無しでも大丈夫かと思います。

予防としては、手洗うがいマスクは当然として、アルコール消毒やしっかりとした睡眠で免疫を高めておくのもいいでしょう。
部屋はこまめに空気を入れ替えたり、お風呂にしっかりと入る事も欠かさずにやるべきでしょう。

ここまでの政府の対応については、まだ結論を出すのは難しいでしょう。
このまま終息すれば、結果的にはまずまず良かったと思いますし、更に混乱があるのなら、1月22日の時点で渡航制限をしっかりするべきだったとも言えます。
仮に3月から4月に終息するとするならば、もしも渡航制限していたらピークが遅れたはずで、被害もかなり抑えられたはずですからね。
ただ現状はまだ分かりません。

とは言え結果的に上手くいったとしても、今後似たような事はあるでしょうし、100回に1回は壊滅的な被害が出るウイルスもあり得るわけです。
今回偶々そうではなかったとしても、同じような対応をしていたら、いずれ間違いを犯す可能性もありますから、今後の対応課題としなければならないでしょう。

ここまで私の見方は驚くほどに当たっています。
1月22日に渡航制限を期待し、駄目だったら今度は国内の体制をしっかりとするべきだと言いました。
正に私の発言の後に、私が指摘するポイントを徐々に政府は改善してきました。
感染者が全く増えなかった頃、そろそろ感染者が出ると予想した所から感染者が増えました。
そして今は、3月の初旬までに大きく感染者が増えない限りは終息すると予想しています。
それも似たような事をテレビが言い出しましたね。
ここ1,2週間が分かれ目だと。
当たり過ぎて怖いくらいですが、まあ人一倍色々な情報を集めて考えているので、当然の結果と言えばそうですね。
単なる予想ではなく、やるべき事も指摘して動いているので完璧です。
自画自賛です。{笑}

そんな私が今恐れているのが、最初に書いた事にもつながりますが、医療崩壊を起こした国からやってくる人によって、日本も医療崩壊をする危険です。
おそらく後はこの部分だけちゃんとやれば、今回の事態はなんとか乗り越えられるでしょう。
まあ既に日本に逃げてきている人もいますし、日本には多くの外国人が住んでいますから、そういう人達にも頑張ってもらう必要もあるかもしれませんがね。

あくまで私の見方であり、絶対とは言いません。
此処から驚異的に感染者を増やし、壊滅的ダメージを受ける可能性だってまだまだあります。
政府も国民も、油断せずに終息まで頑張りましょう。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!


仮想通貨お賽銭アドレス
サイト運営を応援し賽銭(投げ銭)を投げて下さる方は、投げ銭に関する注意事項を読んだ上、下記仮想通貨を投げ銭する事ができます。

◆xcoin◇エクスコイン◆

xcoin
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト