★ 

インデックス

 ★
★ 

秋華神社の説明

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
ネトマガ
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 情報基地
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2020年5月14日【木】16時18分53秒
【告知】サイト運営継続の為、xcoinによる投げ銭をお願いします。
2020年1月14日【火】22時10分19秒
【(゚∀゚)】今見たら間違えている所もあるけれど、日本の歴史をザックリとw
2018年8月2日【木】21時48分30秒
【(*゚▽゚*)】日本を考えるぼっちの会はこちらです♪
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史 内藤陽介
【Amazon】2020年大統領選挙後の世界と日本 “トランプ or バイデン" アメリカの選択 渡瀬裕哉
【Amazon】保守とネトウヨの近現代史 倉山満
【Amazon】中学歴史 令和元年度文部科学省検定不合格教科書 竹田恒泰
【Amazon】天皇の国史 竹田恒泰
【Amazon】ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・工作の近現代史 山内 智恵子 江崎道朗
【Amazon】若者に伝えたい英雄たちの世界史 倉山満
【Amazon】経済で読み解く日本史6平成編 上念司
【Amazon】みんな大好き陰謀論 内藤陽介
【Amazon】インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向 江崎道朗
【Amazon】検証 検察庁の近現代史 倉山満
【Amazon】桂太郎-日本政治史上、最高の総理大臣 倉山満
【Amazon】危うい国・日本 百田尚樹 江崎道朗
【Amazon】「新型コロナ恐慌」後の世界 渡邊哲也
【Amazon】日本外務省はソ連の対米工作を知っていた 江崎道朗
【Amazon】トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」倉山満
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

【神社参拝のすゝめ2】神社を参拝する意味はそれ以外にも色々とある 神様への挨拶を済ませたら境内を見て廻ろう

神社へ参拝するのは、神様へ挨拶し、神様とお話をする為です。
しかし神社には他にも色々なものがありますので、見て廻るのも神社参拝の楽しみの一つになります。
宮司と話をしたりして、神社の歴史を学ぶのも面白いですよ。
本や教科書には書かれていない面白い話が聞けるかもしれません。

今回はそんな、参拝とは違う別の楽しみ方について書こうと思います。

神社につくとまず目につくのは鳥居ですね。
その鳥居を見る事で、この神社がどういう神社か想像する事ができます。
例えば鳥居の形や色から、祭神を想像する事ができます。
朱色の鳥居はお稲荷さんが多いですよね。
ですが最近は結構朱色の鳥居が多く使われている事があります。
朱色は魔除けの色ですが、これは『仏教』の影響を強く受けている神社という事です。
神仏習合で昔は神社も仏閣も同じに扱われていた時代がありました。
その名残を強く残している神社と言えるでしょう。
鳥居についている神額を見ても分かります。
神様の名前に対して『大明神』と書かれている場合、これは強く仏教の影響が残った神社と判断できるでしょう。

さて拝殿までくれば、今度は狛犬が置かれています。
狛犬は元々は両方獅子の像でしたが、中国から日本に伝わり狛犬に変りました。
そして阿像と吽像に分かれています。
これもおそらく仏教の影響かと思われますね。
阿吽の呼吸で神様を守る守護獣となったのです。
向かって右側の阿像は獅子のままで、口を開けています。
一方左側は口を閉じた吽像で、そちらは狛犬となります。
違いとしては、狛犬の方がやや雌を意識した感じになっており、角が生えていると言った感じでしょうか。
最近では狛犬は子を伴った像が多く見られます。
阿像の獅子は玉を持ったものが結構見られますね。
分かりますね?
獅子を雄とし、狛犬を雌とするような印象があるのです。
時代の流れと共に、狛犬の角は徐々に短くなってきたようで、最近ではないモノも珍しくありません。
その辺りでもしかしたらその狛犬が何時頃作られたものか、分かるかもしれませんね。

ちなみに稲荷神社では狛犬の代わりに眷属である白狐が置かれています。
こちらも阿吽になっていたりしますが、大抵は右側は玉を咥え、左側が巻物を咥えたものになります。
最近はこれが基本のようですが、一概には言えません。
そして結構檻に入れられたり、神社が朱色の柵で囲まれたりしています。
これは、外部からの魔除けの意味もありますが、白狐が逃げ出して外で悪さをしないようにしてあるように思います。
狛犬は守護獣ですが、白狐はただの遣いです。
悪さもするのです。
朱色の柵での魔除けは上記した通り仏教の影響が強く、宝珠なんかも置かれていますね。
それが神紋にも影響を及ぼしています。

神社の拝殿には大抵御幕が掛けられています。
その御幕には大抵神紋が描かれていますね。
菊紋は皇族を表し、桐紋は政府を表します。
三つ巴紋は災害除けの紋章となっています。
稲荷神社の神紋は、主に宝珠を意識した紋章になっています。
宝珠紋そのものもありますが、稲を描いた紋も形が宝珠に近くなっていたりします。
神道系からの神社というよりは、仏教系からできた神社と言えるのではないでしょうか。

参拝までにこれだけ色々と思いを巡らせる事ができます。
知識があると、結構神社って楽しいのです。
参拝を済ませた後も、境内を廻れば色々と考えさせられるものが見つかります。
例えば摂社末社にどんな神様が祀られているのか、見ると面白いかもしれません。
どうしてこの神様がここに一緒に祀られているのか、関連はどうなのか、掲示してある神社もあります。
戦争の際に神社が焼かれ移動し、また戻って行った話とか、歴史を知るとその土地がまた違って見えます。
楠木正成が祀られている相殿を見つけた時はテンションが上がりましたね。
一緒に徳川家康とか祀られていて、歴史上の功績が大きな人が集められているようで面白かったです。

他にも色々な記念の石碑が置かれたりしています。
神社に置かれるくらいですから、おそらくその出来事が日本にとってとても大きな事だったと想像できます。
大東亜戦争(第二次世界大戦)に関するものはやはり多いですね。
多くの戦死者を出したわけですし、御霊の平安を祈るものが多くあります。
日露戦争の勝利を祝うものも数が多く見られます。
これは、この勝利が日本にとってどれだけ重要だったのか簡単に想像させてくれます。
日本が救われた、歴史の大きな分岐点だったのでしょう。
この戦争で負けていたら、大東亜戦争に負けた以上に、日本は辛い状況に置かれていた事でしょう。
今日本が存在していなかったかもしれません。
神社に行くと、それがひしひしと伝わってきたりします。

他にも神社には、その神社独特の楽しみが有ったりします。
例えば吉川八幡神社には、御神馬様がおられます。
事前に連絡をしておけば、会わせてもらったり触れ合う事もできるかもしれません。
ツイッターアカウントがありますので、そちらでしっかり確認してから参拝してください。

日本三大祭りの大阪天満宮では、菅原道真公の話を見る事もできます。
こちらは昼間はおそらくいつでも見る事ができますので、時間があれば見てみてください。
ちなみに私は写真を撮って何処かにアップしておりますが、写真ではなく実物で見る事をオススメします。
人形が置かれた20シーンくらいでしたかね。
ちょっと忘れましたが、拝殿向かって左側、鬼瓦の置かれた辺りが出口となっています。
大阪天満宮にはが残っていたり、『お焚き上げ』ではなく『焼納』と言う所からも、やや仏教色が強く残っている事が分かったりしますね。
登龍門が有ったりで支那の影響も強く、どういう歴史をたどってきたのかも気になります。

このように神社には、参拝以外にも見るべきものや楽しみ方が色々あります。
是非自分で楽しみ方を見つけていただければと思います。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!


仮想通貨お賽銭アドレス
サイト運営を応援し賽銭(投げ銭)を投げて下さる方は、投げ銭に関する注意事項を読んだ上、下記仮想通貨を投げ銭する事ができます。

◆xcoin◇エクスコイン◆

xcoin
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト