★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
ネトマガ
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 情報基地
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2020年5月14日【木】16時18分53秒
【告知】サイト運営継続の為、xcoinによる投げ銭をお願いします。
2020年1月14日【火】22時10分19秒
【(゚∀゚)】今見たら間違えている所もあるけれど、日本の歴史をザックリとw
2018年8月2日【木】21時48分30秒
【(*゚▽゚*)】日本を考えるぼっちの会はこちらです♪
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】みんな大好き陰謀論 内藤陽介
【Amazon】インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向 江崎道朗
【Amazon】検証 検察庁の近現代史 倉山満
【Amazon】桂太郎-日本政治史上、最高の総理大臣 倉山満
【Amazon】危うい国・日本 百田尚樹 江崎道朗
【Amazon】「新型コロナ恐慌」後の世界 渡邊哲也
【Amazon】日本外務省はソ連の対米工作を知っていた 江崎道朗
【Amazon】トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」倉山満
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

アメリカ大統領選挙!民主党が自らコケに行っている?なるほどね!

2020年2月7日【金】09時58分05秒
今朝の渡瀬さんのツイートを見て、ずっと引っかかっていた事がスッキリしたので書きたいと思います。

私は単なる勘による予想屋ですので、そのつもりでお読みください。{笑}

以前私は、私の予想として『アメリカ大統領選挙はトランプが勝つ』と言ってきました。
その理由は記事の方を読んでいただきたいのですが、今日はそれ以外の理由になります。

私の予想では、トランプvsバイデンになり、それでトランプが勝つというものです。
それでも結構ギリギリの戦いであるとは思っていましたし、ブティジェッジ辺りが仮にでてきたら負ける可能性も高まると思っていました。
しかし今日の渡瀬さんのツイートを見ると、民主党が駄目ぶりを発揮しているという事で、どうやらトランプに有利に動いているようなのです。
それでひらめきました。
なるほど、『民主党の一部に勝ちたくない人がいる』のではないかと。

以前から引っかかっていたのです。
これは勘ですが、民主党は内部で問題があるのではないかってね。
その理由がある程度ハッキリしたわけです。
勘と言うのは、今までの知識や経験から来るもので、あながち無視もできないものなのです。
こうやって勘の根拠が見えてくる事もあるのです。

その理由が、中国との関係です。
ヒラリーやオバマというのは、中国ベッタリの関係でしたね。
しかし今、アメリカと中国は国防の所で対立しています。
ファーウェイを締め出したり、貿易戦争とも言われています。
つまり、ヒラリーやオバマの力が働いていた時代とはまるっきり逆なのです。

となるとどうなるでしょうか。
仮に私の予想するバイデン、或いはブティジェッジが代表になり、大統領選挙で勝ったとして、オバマは困るでしょうね。
中国に良い顔をしなければならないのに、国は完全に対立モードなのです。
今までは野党だし、与党に戻れば協力するとかなんとか言っているかもしれませんが、本当に与党に戻ったら、中国と米国民との間で板挟み状態になるのです。

これは困る訳です。
だから頑張っているフリをして、最終的には負ける事がオバマにとっては望ましいのです。

日本の野党をみれば分かります。
与党になれば野党や国民に叩かれるのは目に見えていますし、中国や韓国、北朝鮮に便宜を図らなけばなりません。
益々叩かれ、自分達の立場はより危うくなるのです。
だったら野党のまま言いたい事を言って金が貰える方が良いのです。

そんな日本の野党を見習ったのかどうかは知りませんが、どうやらその節がありそうです。

まあもちろんそんな事はないかもしれませんし、私の思い込みかもしれませんから、ただの予想屋の戯言ですよ。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!


仮想通貨お賽銭アドレス
サイト運営を応援し賽銭(投げ銭)を投げて下さる方は、投げ銭に関する注意事項を読んだ上、下記仮想通貨を投げ銭する事ができます。

◆xcoin◇エクスコイン◆

xcoin
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト