★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
ネトマガ
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 情報基地
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2020年1月14日【火】22時10分19秒
【(゚∀゚)】今見たら間違えている所もあるけれど、日本の歴史をザックリとw
2018年8月2日【木】21時48分30秒
【(*゚▽゚*)】日本を考えるぼっちの会はこちらです♪
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

アメリカ大統領選挙予想!トランプは負けるのか?!

2020年1月10日【金】10時06分12秒
今日は少しアメリカ大統領選挙について書きたいと思います。
現在の大統領選挙、共和党はやや押され気味で、民主党有利の分析結果がでているようです。
それでも世間ではトランプ勝利の楽観論が主流ですね。
私が今注目している方で渡瀬裕哉さんという人がおられるのですが、この方の分析は正確で説得力もあり、少なくとも現状は『トランプ危うし』な状況である事は間違いないでしょう。

さてそれでもトランプ勝利楽観論が多いのは何故でしょうか。
そういう私も、楽観こそしていないとは言え、まだトランプが勝つと思っています。
今日はその理由を『8割』ほど提示したいと思います。{笑}

まず一般的に言われているのが、現在の大統領の2期目という事で、政策の成果をアピールできる分有利だと言う話があります。
たしかそういう状況で負けた大統領は過去に1回だけだったですかね。
正確な情報は自分で調べていただきたいですが、まあ確率的にトランプが有利だというものです。
しかしこれで当たるのなら、競馬なんて当たりまくりで大儲けです。
過去のデータ通りに決まる事なんて競馬ではむしろ稀ではないでしょうか。
井崎脩五郎さんが過去のデータから馬券予想をするコーナーがテレビでありましたが、まあほとんど当たりません。
確率としての参考にはなりますが、それで楽観できる状況ではないでしょう。

他にも、共和党がトランプ一本で戦えるのに対し、民主党は内部で叩き合いをしていてお互いの悪い所を攻め合ったりしています。
だからトランプが有利だという考えもできるでしょう。
しかし逆も然りで、民主党は対トランプだけ考えて戦えますが、共和党は相手が決まるまで全てに対応する必要が出てきます。
叩き合う事で盛り上がりも出てきますし、現状民主党が有利なのはその為でしょう。
なんにしてもこれらから『トランプ有利』だと楽観しているとしたら、ちょっと安易な答えではないかと思います。

では私は何故トランプがまだ有利だと思っているのかです。
3つ挙げます。
1つは、結局誰が勝つ事がアメリカの為になるのかという事です。
今は民主党支持に行っていても、いざ投票となると、やはり現実的に物事を見る事になるでしょう。
アメリカ国民は自分達に不利益な大統領を選ぶでしょうか。
理由1つ目は、アメリカ国民はバカではないだろうと思うからです。

2つ目は、世の中の流れです。
流れというのはそう簡単に変えられるものではありません。
何故なら、流れを変えるのにはデメリットがあり、あっちに行ったりこっちに行ったりが繰り返される事は少ないのです。
もちろんそういうデメリットだらけの試行錯誤な時代もあり得るとは思いますよ。
でも、それはそんなに多いものではないのです。
まあこれも確率的にと言ってしまえばそれまでです。
ただ、1つ目の理由とも繋がりますが、アメリカにとってどちらが良いかは目に見えています。
なかなか今の流れを変えるのは難しいでしょう。

3つ目が私にとっては一番大きいかもしれませんが、トランプが負ける玉かという事です。
必ず何かをしてきます。
民主党が勝つには、トランプを超える戦いをする必要があるのです。
元々民主党が有利なアメリカですから、超えないまでも同程度の大統領候補が必要でしょう。
私は、現状を見ても民主党代表はバイデンだと予想していますので、バイデンならトランプに勝てないでしょう。
あくまで人としての話で、党としての話ではありませんが、まだ現状ならトランプが勝てると見ています。
ブディジェッチ辺りが出てくると分からなくなるかもしれませんがね。

これが私がトランプが勝つと思う理由の8割です。
残り2割は、企業秘密ですので話せません。

ですが現状トランプが不利だという状況は間違いないでしょう。
渡瀬さんが言っているのですし、話を聞いてもその通りだと思います。
渡瀬さんの話は『正確な現状分析』であり、私のは単なる『予想』です。
どちらを信じればいいかは、分かりますよね。
予想なんて、当たるも八卦当たらぬも八卦なのです。
まあ私の言う事なんて気にしなくてもいいのです。{笑}
本当に説得力のある話が聞きたいなら、渡瀬さんの本を買って読む事をお勧めします。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト