★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
ネトマガ
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 情報基地
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2020年5月14日【木】16時18分53秒
【告知】サイト運営継続の為、xcoinによる投げ銭をお願いします。
2020年1月14日【火】22時10分19秒
【(゚∀゚)】今見たら間違えている所もあるけれど、日本の歴史をザックリとw
2018年8月2日【木】21時48分30秒
【(*゚▽゚*)】日本を考えるぼっちの会はこちらです♪
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】中学歴史 令和元年度文部科学省検定不合格教科書 竹田恒泰
【Amazon】天皇の国史 竹田恒泰
【Amazon】ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・工作の近現代史 山内 智恵子 江崎道朗
【Amazon】若者に伝えたい英雄たちの世界史 倉山満
【Amazon】経済で読み解く日本史6平成編 上念司
【Amazon】みんな大好き陰謀論 内藤陽介
【Amazon】インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向 江崎道朗
【Amazon】検証 検察庁の近現代史 倉山満
【Amazon】桂太郎-日本政治史上、最高の総理大臣 倉山満
【Amazon】危うい国・日本 百田尚樹 江崎道朗
【Amazon】「新型コロナ恐慌」後の世界 渡邊哲也
【Amazon】日本外務省はソ連の対米工作を知っていた 江崎道朗
【Amazon】トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」倉山満
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙 改訂増補版・内藤陽介
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★

竹田恒泰氏のxcoinが世界に広がるストーリーを思いついたので書いたったw

2020年1月11日【土】14時34分54秒
私は結構妄想をします。
そしてそれを元に昔は小説なんかも書いていました。
今になって読み返してみると結構当たっている事もあり、私の妄想や勘も捨てたものではないと感じています。
まあ根拠はあるのですよ。
ただその根拠は説明して納得してもらえる類のものではありませんから言いません。
結構当たるよって事で、理解してもらえればうれしいと思います。


では、xcoinストーリーです。


香港では、密かにxcoinが広がっていた。
xcoinとは、各国通貨に価値が連動した仮想通貨(暗号通貨)の総称で、日本の竹田恒泰氏が発行しているステーブルコイン群である。
x円、xドル、xユーロなど世界各国の通貨に連動した名前の仮想通貨があり、これをまとめて管理できるアプリがxウォレットであった。
香港民の約3割が、スマートフォンにこのxウォレットをインストールしていた。
香港は現在中国との関係が悪く、自国通貨への信用が大きく揺らいでいた。
だから資産管理には敏感で、リスク分散の為にこのxウォレットが使われていたのである。
xドル、xユーロ、或いはx円といった価値の安定した通貨で普段は管理し、使用する分だけをx香港ドルに交換して使うという形をとっている人が増えていたのだった。

そんなある日の事だった。
とうとう中国政府が、デジタル人民元の発行を発表したのである。
東京オリンピックまで後3ヶ月という時期だった。
中国政府は、東京オリンピックを機にデジタル人民元を世界に広めようと企てていたのだ。
それを聞いた竹田恒泰氏は、早速香港の会社へと連絡を取った。
デジタル人民元もxウォレットで管理取引できるよう、ウォレットのバージョンアップを依頼したのである。

デジタル人民元は東京オリンピックの1ヶ月前にはスタートし、システムの安定などの調整をしていた。
そして残り半月と言った所で、xウォレットのバージョンアップが完了したのである。

さて、いよいよ東京オリンピックが始まり、世界各国から多くの観光客が日本を訪れていた。
当然この時に合わせてデジタル人民元を発行していた中国は仕掛けてくる。
日本を訪れる中国人に日本の店舗でこう言わせたのだ。
「デジタル人民元は使えますか?」
本来は使えませんと返事をする所である。
そして店舗は考えるわけである。
今後の事を考えれば、デジタル人民元が使えた方が良いのかもしれないと‥‥
しかし日本側は既に手を打っていたのだった。
そう、竹田恒泰氏が手を回し、オリンピック関連施設とその周辺だけであったが、xウォレットをプレゼンしていたのである。

「デジタル人民元は使えますか?」と聞かれれば、各店舗はこう答えるのである。
「はい、使えますが手数料として50%割り増しになります。でも、こちらのxウォレットでx円に交換してお使いいただければ手数料はかかりませんよ」
当然普通の人なら、安い方を選ぶ事になる。
とりあえずxウォレットをダウンロードし、そちらにデジタル人民元を移す。
そしてx円に交換して、多くがそれで買い物をする事になるのだった。
デジタル人民元に限らず、ビットコインやイーサリアムなども交換できる事から、中国人だけでなく多くの国の人たちが使う事になった。

そうなると、瞬く間にxウォレットとxcoinの評判は世界に広まる事になる。
これを聞いて喜んだのは、世界各国の首脳だった。
デジタル人民元の対応に頭を悩ませていたからだ。
自国通貨の発行権が脅かされかねない状況に危機感を持っていたのは、多くの中堅国である。
そういう国々がこぞってxcoinの推奨を訴え始めたのだ。
xcoinは各国通貨を尊重するものであるから、通貨発行権を脅かすものではない。
管理も日本の皇族に連なる血筋の竹田恒泰氏となれば、信用力も高い。
中国とアメリカを除くほとんどの国がxcoinを推し始めたのだ。

リブラで追随しようとしていたアメリカも此処で考える事になった。
デジタル通貨で覇権争いをしても、どっちにしてもドルの基軸通貨の地位は守られない可能性が高い。
万一デジタル人民元に覇権をとられたら終わりである。
それなら、安全な日本の企業の方がコントロールもしやすくマシである。
今から出資して乗っ取る事もできるかもしれないし、アップルやツイッター、マイクロソフトやグーグルに出資させて支配してもいい。
日本の安倍となら交渉もできると考え、とうとうアメリカもxcoinを全面的に推す姿勢へと変わるのだった。

まもなく、竹田恒泰氏はグーグルやアップルと提携し、スマートフォンの標準アプリとしてxウォレットが入る事となった。
グーグルプレイやアップルストアでは当然xcoinが使えるようになった。
ここまで広まれば、後は使う人は勝手に増えた。
世界の標準デジタル通貨として、xcoinはスタートするのだった。

おしまい。


いかがでしょうか。
まあこの通りにはいかないでしょうが、私は仮想通貨の戦いはリブラvsデジタル人民元だけに収まらないと思っています。
第三の勢力がxcoinかどうかは別にして、リブラやデジタル人民元に多くの国が不安を持っているはずなのです。
その多くの国が支持するものが、最終的には主流になる可能性もあると考えます。
それがxcoinであればいいなと、まあそんな所です。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!


仮想通貨お賽銭アドレス
サイト運営を応援し賽銭(投げ銭)を投げて下さる方は、投げ銭に関する注意事項を読んだ上、下記仮想通貨を投げ銭する事ができます。

◆xcoin◇エクスコイン◆

xcoin
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト