★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

議論の楽しさ!ただ結論が出ない問題は話が延々続いてしまいます!最後は金融政策のインフレについてで終了!

2016年7月1日【金】23時33分28秒
昨日から議論していただいた方には感謝しております。
結局考えの違いというのは何処までも平行線なわけで、何処かで折り合いをつけないとですね。{汗}
両者納得できずでしたから、これはこれで正しい議論の在り方だったと思います。

さて議論の結果を私がどうこういうものではありませんが、人によって求めるものは違いますから、どちらが良いというものではありませんでした。
あくまで私の判断ですよ。{笑}
完全に私が間違っている可能性もありますから、あくまでここで書いている事は私目線だと理解していてください。
第三者目線でなるべく語ろうとは思いますが、そう簡単ではないのです。
そんなわけで、率直な意見もズパッと言っておこうと思っています。

えっと‥‥景気回復は必要ですし、それに合わせて金融政策をする事はあたり前です。
しかしその後、緩やかなインフレを続けて確実な経済成長を目指すのか、物価変動を抑えられる程度に緩やかな成長を目指すのかは人それぞれで良いのかなって結論です。
ただ物価変動が無い所では、また国民の気持ち次第になってきますので、テレビで変な不安煽りをしたりしたら水泡に帰しますね。
インフレターゲットを決めて緩やかなインフレを目指しつつ経済成長を続けるのが、私が一番だと考える所です。
『みんな働け!』みたいなノリです。
議論したところでは話せていない理由もありますが、書いているときりがないので別の機会にでも。
ただそれ以外の考えが有る事も否定はしません。

さて、それで議論をするにあたって、勉強になった事を書いておこうと思います。

まず『リスクは可能性と回避策とどんな不都合が出てくるのか考える』必要がある事。
そして『政策は裏付けのあるもので考え、そうならない小さな可能性を論じるべきではない』ですかね。

例えば景気回復の方法には、財政出動や金融緩和によるインフレ政策は裏付けのあるあたり前のものです。
世界的にも歴史的にもこれをする事でほぼ確実にそちらへの圧力があります。
これは決まっている事と言っていいでしょう。
これをリスク可能性で否定する場合、どれくらいでどのくらいのリスクがあって、どんな困った事になるのか考える必要があります。
ツイッターでは流石に全部説明できなかったと思われますので、この辺りは私の知るリスクで考えさせていただきました。

次に政策ですが、そうならない可能性を論じても無意味です。
他に要因があればそうならない事だってあります。
去年は増税したために、思っていたほど景気が回復しませんでしたね。
でも確実に裏には景気回復圧力とインフレ圧力がありました。
こういったデータによる計算のプロは高橋洋一さんとかいますから、そういった方の話を聞いた方が良いと思います。

経済政策は、インフレが過熱したら金融引き締めなどで熱を抑え、デフレになったら金融緩和で経済を活性化させるものです。
これを正しく行わない場合、インフレを止めなければバブルがはじけ、デフレを放置すれば失業率が悪化し自殺者が増えます。
これは実際にあるデータですので、否定する意味はありません。
『もしかしたら自殺者は増えないかもしれないじゃないか!』などと言っても意味がないのです。
偶々増えたり減ったりする事は誤差の範囲で、概ねデータに当てはまるのですから否定する意味はないのです。
明日地震が90%の確率で来るなら、当然対策しますよね?
来ない可能性を議論しても仕方がないのです。
失われた20年は、何故かそういうデータが覆い隠され、デフレ時にデフレ政策が続けられました。
失業率は増え、自殺者も増え、若者も働かなくなりました。
そうなるべくしてなったのです。

まあもちろん、可能性が低かったりデータとして成立していない程度のものには、リスクとのバランスを考えて行う必要がありますよ。
明日地震が90%あります。
でも、震度が6以上の可能性は、その内1%くらいです。
ならそれに合わせた対応をする事になろうかと思います。
リスクと突き合わせてね。

議論した内容は細かくは覚えていません。
多分私もとんでもな事を言っていたでしょう。
ただ今回の議論は有意義でした。
自分に足りなかった部分も大いに発見できたと思います。
相手の方はツイッターだけで短い文章でしかやり取りできなかったので、伝えたい事の半分も伝えられなかったのではないでしょうか。
その中で結構納得させられる事はありました。
これがディベートなら完全に負けています。
別にディベートで勝ち負けを争っていたわけではないですけれどね。
単純になるほどと思いながら頭の中でシミュレーションしていましたよ。

次誰かと議論する時は、今日学習した事を活かしたいですね。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト