★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

はたして国の借金と言われる国債は返す事ができるのか?返す為に必要な事とはなんなのか?

2016年6月30日【木】17時32分31秒
ツイッターでとある方との議論をしたのですが、とても勉強になりました。
ありがたい事です。
私の知らない事もありましたし、改めて考え直すきっかけともなりました。

そこで今日は『国の借金』について考えたいと思います。

日本は今、国債を1100兆円くらい発行していますよね。
これは国の借金です。
ではこれを国は返済する事ができるのでしょうか。
返済する為には何が必要でしょうか。

1つは税収を増やす、そして支出を減らす、普通に考えたらこの2点が重要だと思いますよね。
でも実は違います。
それはあくまでミクロでの話です。
家庭やなんかではそれで通用しますが、国家運営ではそうはいきません。
前にも何度も取り上げていますが、信用創造という難関が立ちはだかります。

国の借金をゼロにするのなら、日本人の貯蓄をその分減らすか、誰かが1100兆円分の借金をしないと返せません!
国が借金しているから、日本円での資産がそれだけ増えているのです。
ギリシャの破綻が懸念されていたのは、自国発行通貨ではなくユーロを使っているからですね。
或いは外貨を借金していたからです。
でも日本は日本国内、日本円の借金です。
借金がいくら積み上がろうと本当は何も問題がないのです。
※貯めた人が悪意を持って一気に必需品の買い占めに走ったりした場合は問題になる。
※しかし金持ちは、金の価値を下げたくないのでやらない。

それでも不安を煽って景気に影響がでている事も確かです。
不安を煽らなければ何も問題がないのですが、煽る人がいるのだから仕方がありません。

でもこの中でも解決する方法はあるのです。
信用創造だけでなく、実際に金を刷ってしまえばいいのです。
政府紙幣ですね。
それが嫌なら1億年ゼロ金利国債を日銀に買わせればいいのです。
その借金を返すのは1億年後ですよ。
借金がいくらあっても安心ですよね!

そんなの現実的じゃないとか思うかもしれませんが、実際今それと変わらない状態なんですよ。
日銀が300兆円以上国債を引き受けていても、全くインフレしていません。
これをコッソリ政府紙幣にかえておけば、あれ?知らない間に借金300兆が消えている!
しかも今はマイナス金利。
借金を返す為に永遠に借金を続けても、借金が増えない状態です。
普通これだけ金が出回ったらインフレで当然なんですけれどねぇ。
人が金を使わないなら、永遠に政府は金を借り続ける事も可能なのです。

日本円が何故安全資産と言われているのでしょうか。
こんなに借金があったら、普通誰も欲しいと思いませんよね。
みんな知っているのです。
借金が有っても問題がないんです。
問題があるとしたら全て気持ちなんです。
金を刷ったらハイパーインフレになるという不安、国の借金は返さなければならないという思い込み。
昔は『日銀への借金は踏み倒してもいい』という言葉があったそうですね。

インフレが怖いから金の流通量を増やせないのですが、インフレしないならいくらでも金を刷って使う事もできます。
税金を取らないで全部金を刷って政府を運営してもいいのです。
インフレしないと分かっていれば。
そして今、日本人は全く金を使わずちょっとやそっとじゃインフレしない所まできています。
金を刷る絶好のチャンスなんですけれどね。
一気にやると怖いなら、少しずつやれば良いと思うのです。

まあアベノミクスの方向は正しいですし、まずは金をばら撒いて経済成長。
金が回り出したら自然とインフレし給料も上がって景気も良くなります。
そしたら税率なんて気にせずとも税収は増えます。
借金する人も増えますから、国が代わりに借金する必要もなくなりますね。
それでもまだ税収が足りなければ、そしたら景気が過熱している所で軽く増税すればいいのです。

消費税に関しては、10%は問題ないレベルだと思いますよ。
むしろ他の面倒な部分、年金とかその辺りも消費税に含めたらいいんじゃないですか。
消費税の何%かを年金運用に当て年金の徴収を廃止するとか。
そうやって他の税金とのバランスを調整しつつ、20%くらいまでなら有りだと思います。
確実に徴収しやすいですからね。

話がドンドンそれましたが、国の借金を返すには、結果的にはその分誰かが肩代わりしなければなりません。
日本人が金を貯蓄し続ける以上、或いは民間での借金が増えない以上、国の借金は増やし続けるしかないのです。
これを問題と見て解決するには、貯蓄を減らしてもらって、借金してもらわなければなりません。
その為に必要なのが、景気を良くする事でありインフレなのです。
今はアベノミクスで良い方向に進んでいます。
国債を減らしたいなら、是非金は貯めないで使い、ドンドン借金してほしいですね。

【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト