★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

我ら地球市民!共生世界を実現させるぞ!無謀への挑戦!具体的に必要な事を考え一つ一つクリアしていこう!

2016年6月27日【月】11時13分01秒
私たちは地球市民だ!
共生世界を目指そう!
ああ、なんだかすごいですね。
人類皆兄弟仲良く共に支え合って生きていく‥‥

はい、そんな理想を掲げ、マジ顔でそれを訴える人がいますね。
理想は理想で良いですが、でもコレ現実問題かなり難しいですよ。
困難でも実現しなければならないのです!
はあ‥‥そうですか。
では具体的に何をすればいいのでしょうか?
話し合うのです!
そ、そうですですか‥‥
でも譲れない所ってありますよね。
話せば分かってもらえます!
ではどうしても相手が譲れない時は、当然あなたが譲る事になりますよね。
あなたが共生世界を諦めてください。
各国に分かれて、一緒に暮らしやすい人同士が集まって、平和に暮らせる世界をまずは作りましょう。
共生してからどちらも譲れないでは困ります。
まずは問題になりそうな事を全て解決してから、移民は受け入れないと駄目ですよね。

えー‥‥
この世には話し合いでは解決せず、誰もが譲れないものを持っていたりします。
だから争いは絶対に無くならないし、共生世界というのはそう簡単にできるものではありません。
でもね、私も理想としては共生世界ってものは頭の中にありますよ。
だから一応考えるわけです。
共生世界を築く為に何か必要かを。
そこで大きな障害となる2つの問題を解決しなければならない事に気が付くわけです。

それは何か?

一つは、宗教など思想からくる文化伝統アイデンティティに対して、明確な線引きをしなければならないという事です。
そしてもう一つは言語の統一が必要になってきます。
極端な事を言えば、みんな宗教を捨てて英語を話しましょうって話ですね。
明治維新で言えば、武士は刀を捨て身分の差を無くし標準語を決めるようなものです。
まあ日本国内だけだったからある程度実行可能でしたが、急いでやった為そこで多くの血が流れる事になりました。
これを世界でやろうというのが、世界市民であり共生世界なのです。

まず、宗教や思想の事について考えてみましょう。
共生世界の為に世界ルールを決めようと思います。
とりあえず日本人にとっては日本のルールが分かりやすいので、それを元に考えましょう。
思想の自由は保障します。
これは、頭の中では何を考えていても良いですよって話ですね。
言論の自由は、法律の範囲内で保障します。
これは、ヘイトスピーチや名誉棄損など禁止されている事以外なら何を言っても良いという事です。
犯罪への扇動なんかも当然駄目ですね。
後は、世界のルール、地域のルール、職場のルールと順に規律に従ってもらいます。

さてここに、金持ちはぶっ殺すべきだという思想を持った人がいたとしましょう。
それを考える事は自由ですね。
しかし、『金持ちはぶっ殺せ!』なんて言って扇動する事は駄目です。
もちろん人を殺してもいけません。
つまりこの思想には、考える事までは自由ではあるけれど、それ以上は駄目だという線引きが必要です。
思想、宗教、文化、伝統、習慣、色々なものを持っている人がいると思いますが、これからはこの線引きをしっかり守ってもらわなければならくなります。
例えば仏教。
今はあまり言われませんが、昔は神社に入る事も許されなかったと記憶しています。
神社は昔、中央の情報を庶民に伝える役割を果たしていました。
役所だったわけですね。
しかし仏教を信仰した人は神社に入れません。
これは困ります。
当時はこの問題を解決する為に、お寺も役所にしてこの問題を回避しました。
さてしかし今の世の中、これが通用するでしょうか。
神社と日本という国は切っても切れない関係です。
結構色々な所に鳥居が有ったりします。
小学校の頃はみんなで遠足に行く事もあるでしょう。
その通り道に偶々鳥居がありました。
仏教徒の小学生は言うわけです。
『我が仏教では鳥居はくぐれません!別の道をお願いします!』
一人の為に、みんなで遠回りするのでしょうか。
いや、それが大した問題にならないならそうしてもいいですよ。
でも別の生徒が『我が家の家訓には遠回りしてはいけないとあります!』とか、『私は神道を愛する鳥居教という宗教に入っていて、見た鳥居は必ずくぐる事になっています!』なんて言ったらどうするのでしょうか。
思想よりも規律を優先せざるを得ないですよね。

共生世界の実現には、まずは宗教など思想よりも、規律を優先する価値観を共有してもらう必要があります。

できるんですかね?
規律を無視して国歌である君が代を歌わない教師がいるくらいですよ。
選挙の裁判で規律よりも思想を優先する判決を出す事もあるのですよ。
日本国内ですらこんな価値観を持っている人がいるのに、世界で共生世界とか無謀にもほどがあります。

もう一つ、言語の話は言うまでもないですよね。
私は絶対に日本語を守りたいと思っています。
世界共生だからと言われても、譲りたくないですね。
それは多分、世界中の多くの人が思う事でしょう。
2000年以上の時を超えても自分たちの言語を復活させようとしてそれを達成した民族さえいます。
ヘブライ語を復活させたユダヤ人ですね。
それくらい言葉というのは人にとって大切なものなのです。
それを奪えるのでしょうか。
世界市民になってどこでも自由に暮らす為には、言葉の統一は不可欠です。
今は英語と言われていますが、私はいつか日本語にしてやろうと思っています。
これで統一なんてできるんですかね。
私の妄想の中では、たとえ英語が標準語になったとしても、なんとか日本語を残す企てを考えています。
例えば専門職の言語としてね。
人に会話を聞かれると困るような職で日本語を採用するのです。
軍隊用語とか、警察用語とか、スパイ用語とか、ハンター用語とか‥‥えっ?{笑}
妄想の話は置いといて、言語統一というのはかなり高いハードルではないでしょうか。

共生世界を考えている人って、どこまでを求めて、どういう世界を想像しているんでしょうかね。
国が分かれるのは仕方がないから、それぞれの国に合わせられる人なら自由に住みたい所に住めるみたいな感じを想像しているのでしょうか。
中国人も韓国人も日本で日本人と同じ権利で自由に暮らせるような感じですかね。
ちゃんと規律さえ守ってくれればって話ですかね。
でも人は、縦のつながりと横のつながりで求める利益も変わってくるんですよね。
日本人は、日本と言う国土、自然、故郷を大切するから、他の土地に移ろうとする意識は低いし、自分たちの住む場所の発展を望みます。
しかし別の人は、別の土地の発展を望んで日本に来るかもしれませんし、民族の繁栄を願って別の民族を衰退させる為に行動する人だっているでしょう。
共生世界の実現には、その辺りのルールというか考え方も明確にする必要があります。
その土地に来たら、その土地の人間となり、その土地や国の為に尽くすという方向で統一してもらわなければなりません。
変な思想を持っている人が大勢入ってきても、元々住んでいる人の生活が脅かされないように規制も必要でしょう。

結局の所、今の世界を維持するしかないんですよね。
無理に共生しようとしたら、それは『思想を捨てろ!』即ち『宗教を捨てろ!』と言っているのと変わりません。
それを捨てられる人、或いは元々持っていない人はきっとどこでも暮らせるでしょう。
でも捨てられない人は、捨てなくても良い所を作って、そこで暮らすしかないのです。
それが国です。
日本は神道、それが宗教だというのなら別の言い方をすると、歴史の中で培われてきた思想でまとまっている国です。
日本で暮らす為には、それを受け入れられる人であり、それを脅かす人であってはならないのです。

共生世界というものの形を想像するに、アメリカ合衆国のような形になるんでしょうね。
世界合衆国です。
各州のルールを尊重しつつ、結局は住分けることになります。
それでも思想習慣の矯正は必要でした。
そしてたとえ世界が一つになっても、より多くの人の意見が採用される世の中だから、少数民族は淘汰されていく事でしょうね。
やっぱり今のように国に分かれてバランスをとっているくらいが丁度良い気がします。
それを続ける事で、良いものが悪いものを淘汰して自然と生まれるのが共生世界かもしれません。

共生世界ってのは、無理に目指すものであればただの思想虐待になります。
だからゆっくりと個人で交流を繰り返して価値観を共有し、何千年先の未来に達成するくらいの気持ちでやるのがいいですね。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト