★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

宗教と経済力と幸福度を考える!宗教は支えなのか?それとも害悪なのか?豊かな国ほど宗教色が薄い!

2016年7月25日【月】12時49分13秒
世界で頻発するテロは、もう日常になりつつあります。
何がいけないのだろうかと考えた時、やはり行きつくのはイスラム教の問題でした。
以前から何度も言っていますが、宗教の教えに関しては人を救う部分もありますし全ては否定しません。
しかし、現代に合わない部分を突いて洗脳する為の道具に使われている事も事実です。
ではどうしたらテロを無くせるのでしょうか。
今日も色々と考えてみたいと思います。




面白いグラフを見つけたので貼っておきます。
某サイトで見つけたのですが、その後どこで見つけたのか分からず、適当に似たようなのを探してきました。

1枚目は宗教信仰の高さと国民の豊かさを示したものだったかと思います。
英語が読める人はそのまま見れば分かります。

私は世界平和の為には、まず全ての人が宗教色を薄める必要があると考えています。
宗教に思い入れが強いと、2つの問題があるからです。
一つは大切にするあまり、それをネタに人に騙されやすくなる事です。
上手く誘導されてテロをしてしまう人が大勢いるように思います。
もう一つが横の連携を重視してしまう事です。
国家では国民としてのまとまりが一番重要視されるべきですが、国よりも宗教に寄った場合だと歴史上必ず問題が起こっています。
何処かの国の国民である以上、まずは国民としてのアイデンティティを最重要に考えられないと安定は望めません。

ではその為に必要なのはなんでしょうか。
グラフを見ると、豊かに暮らせる国は宗教色が薄い事が分かります。
つまり世界平和の為に必要な事は、世界人類皆が豊かになる事ですね。

しかしそれは現状は不可能です。
何故なら、食料が不足しているからです。
世界の人口が多すぎるわけです。

では世界平和を唱える日本人として、何をするべきでしょうか!?
答えは2つです。
『貧しい人を皆殺しにする』か『世界の食料生産力を上げる』しかないのです。
時間をかければ、ゆっくり人口を減らして行く事も有りですね。
日本は少子高齢化と言われていますが、実はこれはこれで世界平和の為に良いのかもしれません。

さて話は変わりまして、グラフを見て面白い事に気が付きました。
何故かアメリカは裕福なのに宗教信仰率が高く、逆に低い中国は一人当たりにするとかなり貧しい国です。
これはどういう事なのでしょうか。
アメリカは宗教が成熟していて、国家をまとめる為に宗教が力になっていると私は考えます。
世界の覇権国だと言うのも理由でしょうけれどね。
覇権を失うと一気に中堅国になり下がる可能性もありそうです。
でも私は、アメリカはかつての日本そのものな気がしますね。
日本は宗教ではなく、天皇陛下の権威が国をまとめていました。
そういう強さを、アメリカは宗教を上手く使って得ていると思います。

一方中国は、国家体制の悪さから傾向通りとはいないのではないでしょうか。
人口が多すぎてまとめきれない部分もあるかもしれません。
ただ、だからと言って宗教を信仰する方向に向かわないのは何故でしょうか。
貧しく辛い人を助ける為に宗教はあると言えます。
なのに中国ではどうも宗教を信仰する人がいませんね。
この辺りは不思議です。
長い歴史の中で培われてきた民族性なんでしょうか。
でも実際は国家としてGDP世界2位なわけで、進むべき方向には進んでいるとは思います。

宗教は貧しい人を助けるものなのか、はたまた豊かになる事を邪魔するものなのか。
上手く使えばアメリカのように驚異的な力を発揮もします。
テロもある意味そう言えますよね。
宗教の力によって、自爆テロなどの自己犠牲を可能にしているわけです。

結局の所世界を裕福で平和にするには、宗教色を薄める事が大切なんだと感じます。
逆に考えれば、貧しい国を無くす事こそ、世界平和への道なのでしょう。
さてもう一度、その為にはどうするべきでしょうか。
日本だけが豊かになる方法は簡単です。
天皇陛下の権威を取り戻して、国が一致団結する事ですね。

世界平和を訴える人達には考えてもらいたいです。
どうしたらそんな世界が作れるのかを。
平和を訴えるだけじゃなくて、食料を倍増させる方法でも考えて欲しいですね。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト