★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

宗教とは決められた思想を等しく与えるもの!宗教差別から戦争への歴史を繰り返しても尚あり方を見直さないのか?ユダヤ人の陰謀の歴史を勉強してみた!

2016年6月24日【金】23時33分48秒
ユダヤ人の歴史が知りたくて勉強する事にした。
ユダヤの陰謀と声を上げる人もいれば、そんなものは無いと反論する人もいる。
どうしてそういう話になるのか気になったのだ。

結論から先に言うと、どっちも正しいしどっちも間違っているというのが正しいような気がする。
陰謀というには無理があるけれど、陰謀が無いと言い切れるものでもないのではないだろうか。

長い歴史の中で、ユダヤ人ユダヤ教徒の人が、他の宗教を信仰する人から差別を受けていた。
でも話を聞いていて、ユダヤ人が可哀想という感覚にはならないんだよね。
勉強にはどちらかと言うとユダヤ人寄りというか、『陰謀なんて無いよ!』という考えを持つ人がやっている動画を見たわけだけれど、それでもそう思えなかったのだから、多分私の出した答えはさほど偏りは無いと思う。
まあ中立的に話す人の動画ではあるのだけれどね。
とにかく、なんとなく仕方がないと感じてしまったわけだ。

カトリックとプロテスタントという同じキリスト教でもグダグダの戦争をしていたわけだし、そこから見ればかなりマシとも言える。
そしてそれよりも感じたのが、『差別って悪い事だけではない』という事に気づかされた。
差別される事に優位性を感じる事ってあるんだね。
例えば私は左利きである。
生きていく上で色々と不便があるし、どうして左利き用の物が売ってないのかと思う事もある。
食事の時に、『左利きうぜぇ!』なんて言われる事もある。
でもさ、『そんな俺かっけぇ~!』みたいな特別感ってあるよね。
ユダヤ人ってさ、きっとそういう何か優越感みたいなものが有ったからこそ、かたくなに改宗せずにいたりしたのではないだろうか。

ヨーロッパってさ、宗教という常に差を持ち続けたい人がいたわけで、そりゃ争いも絶えないよね。
ユダヤ人という自分たちと違う人が何故か自分たちの国にいてさ、その人が何故か自分たちよりも金を持っていたりしたらさ、不満も出てくるよ。
だから殺して良いとか、それはやり過ぎだよ。
でも、本人たちがあえて差を求めているのなら、それに対して他が差別するのは仕方がないと思う。
だって改宗して他に移り住めば何も分からない時代だよ?
それなのにあえてユダヤ人であり続けるのはなんなのだろうか。

アイデンティティという言葉で片づける人がいる。
でもさ、争いに敗れて住む場所を失って、取り返そうともせず保つアイデンティティって何?
国を失ってもアイデンティティを失わず、各地に散ってもユダヤ人で有り続けたら、そりゃ問題も起こって当然だと思うんだよね。
ユダヤ人だけが悪いわけじゃない。
他はもっと悪いかもしれない。
でも争いの種を常にばら撒き続けたという意味では、私はある意味陰謀だと言える気はする。

ユダヤ人を中心とするヨーロッパの歴史を勉強したら、正直宗教というものにかなり否定的な気持ちが生まれたよ。
日露戦争はユダヤ人のおかげで勝てた部分もあると言えばあるし、そういう部分には感謝していいと思う。
それはそれで感謝するにしても、疑問を持つ所はやっぱり持たないといけないのではないだろうか。

人はさ、どんな思想を持っても良いと思うよ。
でも人が集まって暮らす以上、そこにあるルールは守るべきだし、問題が起こらないように努める必要があるはずだ。
自分の思想では間違っている事でも、誰かと一緒に暮らす以上、譲る部分も出てくると思う。
宗教ではなかなかそれができないんだよね。
だってその思想、人から与えられたものだから。
最初から形が決まっているものだから、違うものに出会った時に修正できないから。

アメリカに渡ったユダヤ人は、かなりアメリカに合わせたようだね。
そういう気持ちがあったから上手くやれた。
もっと早くにそれができなかったのだろうか。

でもね、ユダヤ人に対する偏見というか差別は、絶対にゼロにはならないと思うよ。
何故なら、差がそこにあるんだから。
なんかさ、ユダヤ人ってだけで格好良くない?
凄く羨ましいという気持ちがある。
私は宗教というものはあまり好きにはなれないけれど、例えばこれが教えも何もないヤハウェの子孫というそれだけだったらどう?
日本で言えば、天皇の血筋とか、オオクニヌシの血筋とか、現実的に徳川の血筋とか、そういうのがあると嬉しいよね。
それでさ、同じ血筋の者同士さ、仲良くなったりしやすいわけでしょ。
そんな親戚が世界中に沢山いるわけよ。

みんなから羨ましいと思われる存在、法的に同じだと言われても、生まれながらにして違う存在。
豊かになればそんなに区別される事もなくなるだろうけれど、やっぱり違う。

私は、国の法律やその土地のルール、或いは他の宗教をを否定しない限りは、宗教も良いと思うよ。
でもさ、自ら差を持とうと集まったら、或いは差を受け入れたら、良くも悪くも差を持って見られるわけで。
個人なら、或いは家族程度なら問題はないけれど、大きな差はやはり何も感じないわけにはいかない。

日本が平和な理由が分かるよ。
特別な集団を作りたがらないからね。

最後に分かりやすい実例を話す。
大阪人ってさ、大阪人のアイデンティティを持ち続けるでしょ。
だからそれを嫌う人っているでしょ。
例えば会社に入って、同期に何人か自分と同じ大阪人がいたとしたら、仲良くなりやすいわけ。
仲良くなって手を組んで、『東京人には負けたくねぇ!』とか言いながら協力して、先に出世するわけ。
そして逆に東京人の同僚を蹴落とすわけ。
これって会社の中では、『大阪人の陰謀だ!』ってならない?
そういうの、早稲田だぁ、慶応だぁって出身大学で差が出る事もあるよね。
言葉の重みは全然違うけれど、大阪人をユダヤ人に置き換えれば分かる。
ユダヤ人の多くが団結して陰謀を働いたなんて事は無くても、小さな意味では十分有り得た。
まあそういう事。

そうそうもう一つ。
古い時代から順番に勉強していったんだけどさ、話を聞く中で思うわけよ。
こうしたらいいのにってね。
そしたら後の時代に必ずそれをする人がいて面白かった。

国を超えた大きな繋がりって、羨ましくもあるけれど恐ろしくもある。
歴史はしっかり勉強して、そこから学ばないとね!
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト