★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

報道の自由の意味が違う?これはウケる!この女性が狙っていたのか?テレビ報道と放送法について考える!

2016年6月16日【木】13時26分43秒
このツイート、画像だけ見ていたので意味が分からなかったけれど、なるほどそういう事ですか。




テレ朝とTBSが同じ女性にインタビューしていたのですね。
この女性がテレビに出たがりだったんでしょうか。
まあ同じ人をテレビに出さないとバランスが取れなかったと考えると、蓮舫さんの名前を出す人がいなかったという事でしょう。

さてそんなテレビ報道に関して、今朝ニコ生で『テレビ報道と放送法』の討論番組が行われていました。
なかなか面白かったです。
討論に関してはそもそも『報道がおかしい』という立場の方が有利であると私は考えています。
事実おかしいのですから。
それでも討論自体はそれに反する方が善戦したと言える結果だったと思います。
最後にニコ生アンケートで、どちらが正しいと思ったかという選択肢が出ましたが、正直悩みました。
理由は、結局のところそんなに両者の意見は違わないと感じたからです。

まず、安保法案に関する報道に偏りがあるという指摘。
放送時間に関するデータで判断するのはおかしいという反論がでました。
確かにこれだけで報道がおかしいという事はできません。
国民の意見が100%まとまるものを一々反対するのもおかしいし、その割合で報道するのは仕方がない部分もあると思います。
しかしこの安保法案に関しては、当初60%近くの賛成があったにも関わらず反対報道に重点を置いて、世論が逆転しても尚続ける事はやはり問題があったと思います。
報道全てにおいてこのデータで是非を問う事は間違っていますが、放送時間で問える部分もあるという事です。
小川さんは『安保法案という「賛否が拮抗している法案」に対して時間で判断するのは一つのやり方である』と言えば良かったと思います。
醍醐さんは、『時間だけで判断はできない』と言っているわけで、ここに差はありませんでした。

次にケントさんの、GHQからの流れに関する指摘。
反論側は今更そんな話を持ち出すのはおかしい、時代が違うみたいな話でしたが『歴史は続いている』という事を考えなければなりません。
一度そういう雰囲気ができれば、なかなかそこから脱せない所があります。
誰もが今の憲法は矛盾していると思いながらも変えられないのもその為です。
なんとなくそれでやってこれているから変えられないのです。
戦後体制のまま今に続いている事は多々あるのです。
だからこの辺りも、もう一度じっくり検証する必要があるでしょう。

次に砂川さんの『憲法の「表現の自由」を元に考える』という事に関して。
憲法は当然守るべきものです。
しかし、憲法とはそもそもどういうものでしょうか。
何故憲法が存在するのでしょうか。
憲法の解釈はどういう考えで行うべきものでしょうか。
憲法は国家国民の利益を守る為に存在するものであり、解釈は文字だけでなく国益を最優先に考える必要があります。
『表現の自由』なんてものは個人レベルでもない限り存在はしません!
もしも全てに自由なら、毎日テレビで『今日も隣の人に嫌がらせをしましょう!』『日本は中国の属国を目指しましょう!』『殺人が可能な街づくりを応援しましょう!』とか言っても良い事になります。
もちろん、あからさまにそんなことを放送しても見る人はいません。
では分からないように、そういう方向に誘導する報道はしてもいいのでしょうか?
言論の自由と言っても、制限されるべき部分というのは存在するのです。
それを判断する材料として放送時間から考えるのは一つのやり方ですしデータとして成立します。
ケントさんの言った通り、こういう事を研究する大学とか有ってもいいですよね。

そして最終的共通認識として感じられたのは、電波を独占してるテレビだからという部分。
これに関しては反論側も否定しきれていませんでした。
つまり言論の自由を制限する場としては、電波を独占しているテレビやラジオだけという考えです。
日本の放送法は、電波を独占しているからこそあるもので、それに対して放送法があるのは受け入れられそうです。
しかし判断が難しいという事でしょうか。
報道に疑問を持つ側は『なんとか判断して正していく必要がある』という立場、反論する側は『判断が難しいから報道側に任せるしかない』という立場かなって感じです。
ただどちらも、今の状況は良くないとは思っているようです。

その後、マスコミ関係や一般の傍聴者から質問が出ましたが、これは流石にちょっとおかしかったですね。
まず、『小川さんは安倍信者だからそもそもおかしくね?別の意図でこんな活動している人は信じられない!』みたいなのがありましたけれど、話の中身の話をしているのに、その人の立場を否定するのはおかしいですね。
『共産党だから言っている事は全部間違っている!』と言っているのと同じ事。
共産党の思想はおかしいとは思うけれど、部分的に正しい事もあるのですよ。
逆に民主主義者が全て正しいわけでもありません。
何処が良くてどこが悪いかを議論している時に立場を否定するのは違います。

福島から来たという方の話もおかしいですね。
小川さんが知らない事があったのは、勉強不足という言い方もできるでしょう。
ただ、全てを知る人もいません。
知らなくても議論はできます。
そういう知らない事を伝えて、考えを改めてもらうというのも議論の目的の一つではないでしょうか。
私の知らない事が動画の中で結構話されましたが、議論に参加できないとは思えません。
これはおかしな指摘だと感じました。

結論としては、『表現の自由も大切ですが、電波を独占しているテレビ放送局だから、放送法は守りましょう!』という事だと思います。
それをどう監視し、指摘していくかは考える必要があります。
その為に、もっとこういう議論を増やして、国民に認識してもらいたいですね。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト