★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

自由なんて存在しない!平等なんてありえない!差別と区別は違う!

2016年6月12日【日】12時24分06秒
もう何度も似たようなことを書いています。
自分でもクドイと感じてしまいます。
しかし書かずにはいられないのです。
何故なら、どれだけ考えてもやっぱり間違っていないと思うからです。

常に否定されている差別という言葉を辞書で調べると、『差をつける事』と書かれています。
しかし人は生まれた時から差があるわけで、それを否定する事はできません。
差のあるものに差をつけるのはあたり前で、それを差別と批判はできないと思うのです。
だから人はそれを区別という言葉で表します。
つまり本当の差別と言うのは『差の無い所で理由なく不当な区別をする事』と言えるのです。
これをやってはいけないと人々は思うわけです。

さてしかし、何故か今女性差別を訴えて、ある意味職業選択の自由を訴える人がいます。
女も男と同じ仕事をさせろというのです。
でもこれは無理な話です。
何故なら、職業選択の自由なんてものはこの世に存在しないのですから。
そもそも自由すら存在しないのです。

人は生きる為に物を食べなければなりません。
だから必ず、食べ物を手に入れる為の労働を強制される事になります。
自由にはならないのです。
もしも自由があるとするならば、それは死ぬ事だけなのです。

職業を選ぶのは、建前上自由だと言う事は可能です。
しかし全員が芸能人をやりたいと言っても、それでは社会が成り立ちません。
食べ物を集めたり作ったりする人と、子育てをする人は絶対に必要です。
昔はそれを、男が食べ物を手に入れ、女が子育てをすると分けられていました。
何故なら、そうするしかなったからです。
木の実を採るのには、木に登れる人でないと駄目です。
毎日食べるものを集めないといけないからです。
体力面で強く、子供を産まない男がそれをして、女が子育てをするという役割分担は必然だったのです。

今はそういう時代ではありません。
男が女の仕事をする事もできるし、その逆も然りです。
でも、理屈は変わっていませんし変えられません。
だから自由にはいかないようになっています。
全員が芸能人をやりたいと言っても、それは無理ですね。
だから競争が起こります。
そして素質や能力があるものだけが芸能人になります。
そういう職業争奪競争を行って、最終的に余った人が足りない所を補わなければならないのです。

女性を無理やり採用しようというのは、この原理に反しています。
差別だといってやろうとしていますが、それこそ差別です。
正確には逆差別というべきでしょうか。
差があるにも関わらず、その差を無視して同じに扱おうというのです。
それがもしも肯定されるのなら、職業も結婚もくじ引きでいいと思うのですよ。
20歳になったら、みんな同世代の人とくじ引きで結婚です。
差があるにも関わらず差を無視して同じに扱うという事はそういう事です。
結婚したら子供を産むのもくじ引きですよ。
人間には、或いは個人レベルでも、人にはできる事とできない事があるのです。
差を無視する事なんてできないのがあたり前なのです。

自由なんて存在しません。
食べ物を集めたり作ったりする人がいなければ、人間は生きていけないのですから、誰かが嫌でもやらなければならないのです。
今の社会では食べ物だけではありません。
社会を支える仕事は、誰かがやらなければならないのです。
平等なんてありえません。
人は皆、違う人間として生まれてくるのですから違って当然なのです。
そしてその違いを受け入れて相応に差をつけていくのが真の平等と言えるのではないでしょうか。

適材適所、そして誰かがやらなければならない事はどうしても存在します。
区別を受け入れて、良い国、良い社会を作ってきたいですね。

人の上に人はなく、人の下に人はありません。
しかし同じではなく、違いはあるのですよ。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト