★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

中国の領海侵入とかに対する反応を見て!多分わかってて言ってるんだと思うんだけど一応たとえ話を書いておく!

2016年6月19日【日】18時58分29秒
尖閣諸島の近く接続水域内で中国軍艦がウロウロした問題に対して、日本は『自衛隊に相応の対応をさせるぞ!』と言った後‥‥
口永良部島近くの領海内を中国の偵察艦が通過したのに自衛隊は何もしなかった。
この事に対して、何もしていないと批判する人もいるようだけれど‥‥

【中国崩壊】ついに自衛隊出動クル━━━━(°∀°)━━━━!!! 領海侵入で在日マスゴミが発狂www 「安倍政権に騙されるなニダ!」 効いてる 効 い て る www 2ch「想定外の事態だったのかww」「尖閣に自衛隊基地建設のチャンス」

多分みんな分かって言っているんだと思うけれど‥‥一応‥‥

尖閣諸島での軍艦問題と、口永良部島辺りの領海内を偵察艦が通過した話を分かりやすくたとえ話をしてみよう。

尖閣諸島とか口永良部島という家に住む日本くん。
どちらも横の敷地では領海内という駐車場を経営している。
駐車場なので、向こうの道路とこっちの道路の通行路として使う人も偶にはいるが別に禁止はしていない。
家の前の道路は接続水域。
ついでに家の裏もね。

さて尖閣諸島接近の話はどういう状況だったのか。

日本くんの家(尖閣諸島)のすぐ近くで、ある日遺跡が発見された。
それが原因で、日本くんの家(尖閣諸島)の土地価格が高騰する事になる。
すると近所に住む中国くんが言い出した。
「その尖閣諸島、うちのご先祖様が住んでた家だから俺のものだ!返せ!」と。
もちろん、日本くんは正規の方法で手に入れた家なので、そんな言い分が通るわけがない。
だから「この家は俺の家だ!」と反論する。
すると中国くん、飼い犬や飼い猫を放ち道路をウロウロさせたり、時には猫に命令して窓から家に入らせる事もあった。
そんなある日に起こったのが先日の出来事である。
中国くん自らがバットを持って、家の前をウロウロし始めたのだ。
その時偶々だろうか、バットを持ったロシアくんが家の前を通った。
それににらみを利かせる中国くん。
ここは俺の家だから近づくなと言わんばかりだ。
その後時間をおいて中国くんは帰っていった。

さてこれの何が問題か。
まず、不審者が家の前をウロウロしているのが問題だよね。
普通なら警察に通報されてもおかしくない。
次に他の不審者を監視するフリをした。
ロシアくんから見れば、この家は中国くんのものなのかと勘違いしたかもしれないし、他の目撃者もそう感じるかもしれない。
この2つが問題だったのである。

では次に口永良部島での話。
数日後、口永良部島という家の横にある駐車場を、中国くんが双眼鏡片手に通過したのである。
お前こんな所に何をしに来た?って話。
尖閣諸島の家は中国くんの家から近いからまだ分かるけれど、口永良部島の家は来る意味ないんだけど。
そして駐車場は私有地だから、日本くんは「入ってくんな」と言うけれど、中国くんは「別に駐車場だからいいじゃん!」と言う。
バットは持ってなかったから良かったけれど‥‥

さてこれの問題は何か。
わざわざ中国くんがここまでくる意味はないし、双眼鏡を持っているので不信に感じる事。
中国くんは日本くんの別の家、尖閣諸島の所有を主張している人だから嫌がらせに来たのかと感じてしまう。

どうだろう。
どっちが問題に感じるだろうか。
私有地に入る入らないだけが問題ではなくて、その意味を考えると対応が違うのが分かる。
次は双眼鏡を持って尖閣諸島の駐車場を通り抜けるのかな。
それともバットを持ってか。
たぶんこの辺りが限界かな。
犬や猫にバットを持たせたり色々考えられるけれど、かなり限界点ギリギリまできている事は確かだ。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト