★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

ディベートとは?議論できない日本人?一体どうやって結論を出していた?

2016年3月17日【木】14時16分08秒
ディベートとは何かと聞かれたら、私は『議論を戦わせる事』と答えていただろう。
多分おそらくだけど、多くの日本人がそう認識していると思っている。
本当の所は分からないけれどね。
あくまで推測だ。
いや、そもそも分からない人の方が多いのかもしれないね。
何にせよ、本当の意味を知っている人は少ないように見える。

えー‥‥調べてみた。
すると‥‥
何やらルールが有り、ゲームのような感じだね。
基本的な意味はまあ大体私の認識であっている。
でも大きく違うのは、必ずしも自分自身の主張を通す事だけではないと言う事。
自分が本来間違っていると思う側で主張したりもするゲームなのだ。

例えば戦争について考えてみよう。
私は戦争には反対である!
だからこれについて議論するのなら、普通は反対側として主張や考えを述べるわけだが、逆の戦争賛成の立場に立つこともあるのがディベートのようなのだ。
これは面白い。
私は頭の回転も鈍いし知識もないから、実際のディベートではかなり負ける気がするけれど、これは見てみたいと思う。
そしてジャッジする人がいるらしいから、それをやってみたい。

でもこれって、そもそも物事を判断する時には必要な作業なのではないだろうか。
普通の人は自分対自分で頭の中でディベートを行い結論を出していると言えるよね。
それを知識のある人同士、弁の立つ人同士がやっているのがディベートで、それを見れば人はより正しい判断ができるようになりそうだ。
前々から思っていた事だけれど、逆の意見も聞いてみたいと思う事が世の中結構多いんだよね。
逆の主張をする人がいるらしいのだけれど理由が分からない、或いは言わない。
これでは頭の中でディベートできないから、判断できないではないか。
あっ、もしかしたら判断させない事が狙いか?
いやまあわざと理由を言わずはぐらかしてうやむやにするのも、結論を出させないテクニックなのだとは思うけれど。

そんなディベート。
どうも日本人には受け入れられない部分が有るらしい。
自分の考えと反対の事も言わなければならないのが納得いかないようなのだ。
聞いた話なので本当かどうかは分からないが、どうもそんな気はする。
一つ二つの理由で結論を出して、反対側の意見をまるで聞かない人って結構いるよね。
絶対だと言い切れる事なんて、有ったとしてもそんなに多くはないと思うのに、それが絶対だと言わんばかりに主張する人が多い。
先に例に出した戦争についても、日本人は戦争反対が教育されているから反対意見が多いし、おそらく基本的に反対なのは分かるけれど、だったらどんな事があっても賛成しないのかって話になる。
目の前で大切な家族が殺されようとしているのに、それでも戦争はしないのか?
或いは既に殺され、自分にも危険が迫っている状態でも反対なのか?
そもそもこれに関しては状況とか色々な要素によって結論は変わるから、その辺りの設定もしっかりして議論するものだとは思うけれど、まあ確かに日本人は偏っているかもしれないと思う。
こういう片寄った考えで相手の意見を理解しようとしない人達って、どうやって結論をだしているのだろうか。
自分対自分のディベートすら行っていないのだろうか。

もしそうなら、本当に怖い事だと思う。
つまりこういう事だろう。
信頼できる人がそう言っていたから、そう教育されたから、テレビで言っていたから、一つの理由から、こんな感じで結論を出していたという事だ。

いやね、反対側の事を言わないって気持ち、分からなくはない。
そんなの言えるわけがないってのもテクニックとしてはアリだと思う。
もしも本当に日本人が頭の中ですらディベートを行っていなかったとしたら、極端な一つの主張だけをゴリ押しした方が多分伝わるし信用されるのだから。
全く不安な話を聞いてしまったものだ。
そんな事はないと思いたいが、正直そんな気もするんだよね。
こういう事を何も考えていなかった頃は、私もやはり脳内ディベートは行わず、人の意見をそのまま自分の意見にしていたような気がする。

そんなわけで皆さま、ディベートが大切だとかよく言われますけれど、それ自体は得手不得手とかやる立場にいない場合もございますから絶対に必要だとは申しません。
だけど、脳内ディベートだけは行わないと正しい判断ができませんので、是非やる事をお勧めいたします。

何か結論を出す時は、脳内ディベートをした後で!
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト