★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【ゲーム】これからのソシャゲを考える!スマホ向けゲームに求めるもの!私が期待していたのはこんなゲーム!

2016年2月27日【土】11時18分55秒
ソシャゲやスマホ向けゲームがヒットした理由。
それは簡単な事。
ソシャゲは友人と簡単につながりコミュニケーションがとれるのが良かった。
そしてスマホ向けゲームは、いつでもどこでもやりたい時にできるのが良かった。
一見両方とも、この先もずっとおおいに求められるものに感じるが、でも結局どちらも、同じ理由で今後廃れていくと思う。
携帯電話から、メールから、そしてSNSから人が離れたのとも同じ理由で。
監視されているような感じだったり、義務感だったりが生まれてくれば、人は億劫に感じ敬遠するようになる。
最初は良いけれど、次もまた、この先もってのは一部の人だけになっていくのだ。

スマホ向けゲームは、いつでも好きな時にできるのが良かった。
だから、ゲリライベントにも対応できるし、毎時間の生産回収なんてのも楽しみになる。
スタミナ制も、それに対応する事自体が楽しみであった。
しかし最初は良くても、長くやっていたらそれに縛られている感じが嫌になり、徐々にそこから離れていく人が出てくる。
私も結構マジにやってきて、1年くらいでそれを感じた。
これは真面目にやっていればやっているほど感じる。
ゲームしかやる事のない人は別にして、仕事をしている人にとっては1年くらいが限界ではないだろうか。
そして今、スマホ向けゲームをやった事がない人はどれくらいいるだろうか。
完全にこの先もやらない人を除けば、もうほぼこれからスマホを持つであろう若い人だけが残されている状況に思える。
つまり新たな客の開拓は難しいという事だ。
今のままでは、おそらくスマホ向けゲーム市場は小さくなる一方だと私は思う。

そこで、この先もスマホ向けゲームが盛り上がっていく為に必要な事を考えてみた。
私はソシャゲが始まった頃から、こういうスタイルは良いアイデアだと思っていたし、これからはこの路線だと確信した。
そして今も、ゲーム業界がやっていく方向はこれだと思っている。
少なくともちゃんとやればまだまだ求められるものになるはずだ。

ではどうしたらこの先もスマホ向けゲームが盛り上がるのか。
まず、ゲームにスケジュールを合わせなければならないようなゲームではダメだという事。
本当の意味で、やりたい時にやりたいだけゲームができる必要がある。
だから、スタミナや時間割など、制限のあるゲームではダメだ。
あるから流行らないと言っているわけではない。
それでも続ける人はいるだろうし、初めてゲームをする人にとってはそれも楽しめる。
でも、そういう人の方が少なくなるから、今までのようにはいかないという話だ。
あと、何かを強要するようなものも嫌われる。
例えばイベントは参加するのが楽しいものであるはずだ。
なのに、参加を義務付けるような、そして時間をかけて限定アイテムを取らないといけないようなものになっていては、ゲームをやらされていると感じる。
やらされている感こそ、今後スマホ向けゲームから離れるきっかけになると思われる。

好きな事をやっているはずの仕事が、つまらないと感じるようになるのと似ているかもね。
好きだからやっていたはずなのに、仕事となるとやはり違う。
『やらなくても良いという選択肢を残す事がやる気につながる』のだ。
これはあくまで私の考え。
正解かどうかは分からないが、私がゲームを続けていくために、こうなってほしいという希望でもある。
そしてもっとスマホ向けゲームが盛り上がってくれると嬉しい。

あくまで印象なんだけれど、今のゲームの流れは、コラボ広告にウエイトを置く感じにしているようには見えている。
結局、人が自由に使える時間は限られているわけで、娯楽の中に情報を入れていく事になるんだよね。
テレビにCMが入るように、SNSで広告バナーなどを表示するように、ゲームではコラボでアピールしている。
ゲームの中で実際に物を売ったりするのも想像していたけれど、そこまではまだ無理なのかな。
私は10年以上も前からそれを予想していたんだけど、手軽な広告辺りで止まるのかね。
広告なら誘導だけで済むもんね。
完全無料のゲームに広告が付いていたりするけれど、普通の広告はつけず、コラボ広告でやりくりする無料ゲームとかでてくるのかなぁ。
それだと本当に広告業界激戦になるけれど、それくらいでいいのかもね。
それにしても、思ったよりも時代が進まない。
セカンドライフ的なものがスマホ向けゲームででて、白猫プロジェクト並に戦闘できて、MMOPRGのような町があって、リアルの買い物もできるようなのを想像してたんだけど、どうにもそうはならない。
ハードもそれについて行けるだけのものになってないし、そもそも成功するかどうか分からないものに投資できないか。
儲かると思うんだけなぁ。
マジでそういうのを作ってほしいよ。
ちなみに最初に想像していたのはPC用ね。
PCがもっと進化して持ち歩くのが当然のものになると思っていたんだけどなぁ。
小さくなって、電話と一緒になって、スマホというものになった。
今はそんなところ。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト