★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【 #乖離性ミリオンアーサー 攻略】新規にスターターデッキを配るべき!

2016年1月25日【月】12時49分24秒
ミリオンアーサーは面白いゲームである。
この書き出しは何度も使っているが、本当なのだから仕方がない。
しかし、なかなかユーザーが増えない仕様でもある。
必要なカードが多すぎるから新規で始めるのは大変だし、少しの期間ゲームから離れると戻りづらいゲームだ。
『無課金でできるか?』という質問に対しても、今では『できない』という答えが一番しっくりくる。

正月前から、かなりゲームが盛り下がっている。
今後は残ったユーザーがどこまで続けるのかって段階に入ったようにも感じる。
そんな中、昨日の御祭性は良いタイミングで行われたと思う。
本当に重要な時期だっただけに、これでまだ、発展を期待できるゲームに留まったのではないだろうか。
とは言え今後、大きくユーザー数を増やせるとも思えない。
今のままではね。
問題は2点。
先に挙げたように、新規には辛いから始めづらい事と、時間をかけてガッツリやらないとついて行けない事。
かなり前にも言ったと思うが、一つの改善策としては、時間割を無くすのが良い。
時間割はレア度を高める事で、確かに一人あたりのプレイ時間は増やせるかもしれない。
しかしユーザー数が減る要因になる。
クエストポイントという仕様なんかもそうだが、そのバランスはかなり難しいと思う。
だからこれはあくまで私個人の考えでしかない。
運営にそうした方が良いなんて直接言えるものでもないけれど、一度時間割を無くしてみたらどうだろうか。
もう一点の問題解決には、スターターデッキの配布なんかどうかと考えている。
ノマダンの最後に1つダンジョンを追加して、それをクリアしたらスターターデッキが貰える仕様にするのだ。
内容は1職分のUR(MR)基本カード10枚から、全職分40枚でも良いし、騎士メダル交換可能なカードから10枚選ぶとかでも良い。
とにかく、ある程度追いつきやすいようにしてあげる必要を感じる。
コラボカードなど重要なカードは手に入れられないわけだし、それくらいしてあげても私は良いと思う。
ただこれをすると、既存ユーザーからの反発もありそうなので、ダンジョンを1つ追加するわけだ。
スターターデッキと言わず、URプレゼントクエストを追加!みたいな感じだと文句はないだろう。
URの数では古参と新規の間に差はつかないが、カードの重みの差は大きく詰められる。

昨日の御祭性からそういう運営の意思が見て取れるわけだけれど、あれを見て今からゲームを始めても、多分多くが本気でプレイできず、止めていく人も結構いると思う。
今のままではもう大きな発展は望めない気がする。
私はミリアサが超人気ゲームになる事を望んでいるのだ。
だから、時間割の廃止とスターターデッキの配布、この辺りをやってみて欲しい。

最近、私はゲームプレイヤーと言うよりは、ゲーム研究者をやっている気分だ。
それが私のゲームの楽しみ方かもしれないとも思う。
経営者には経営者目線、プレイヤーにはプレイヤー目線があり、そのどちらでもないところからゲームの発展だけを考えるのが面白い。
もちろん、その両方の気持ちをふまえてね。

よし!今日から『自称ゲーム研究家』と名乗ろう!
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト