★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【 #白猫プロジェクト 攻略】白猫のキャラガチャと武器ガチャはコンプガチャ?

2016年3月11日【金】12時50分40秒
ネット上で偶に指摘されているので、その疑問に答えてみようと思います。
結論から言います!
『白猫のキャラガチャと武器ガチャはコンプガチャではありません!』
はい、あくまで法的にはね。
ただ、形としてはコンプガチャと言っていいでしょう。
その理由をお話します。

まず、何故コンプガチャが禁止されたかを考えます。
一つは、射幸心を煽りまくるからダメ。
もう一つ、子供が知らない間に親の金を使い過ぎたから苦情が殺到した。
この二つの理由から禁止されたわけです。
つまりこの二つに引っかからなければコンプガチャではないと法的には解釈し得る可能性が高いわけです。
射幸心を煽りまくるのはありますが、現在消費者庁への苦情が出るほどではなさそうなので、これは法的にはコンプガチャではないとなるのです。

法律の原文からも考えてみましょう。
とその前に、まずは実際に例に挙げられているものと比べます。
有料ガチャで2つ以上のアイテムなりをそろえると新たなアイテムが貰える場合。
他にも、そろえる事でパワーアップする場合も挙げられていたと思います。
つまりこれに引っかかると確実に法的にも実質的にもコンプガチャとなります。
白猫のガチャはこれには当たりませんね。
次に法律から、2種以上をそろえる事で経済上の利益を得る場合となっていたはずです。
詳しくはこちらで説明していますのでそっちを見てね。
それで白猫のガチャを見てみると、キャラとモチーフ武器をコンプリートしてもパワーアップはありません。
ただ相性が良いだけです!
だけどキャラとモチーフというコンプリート要素はありますし、見た目や相性を合わせるという行為に経済的価値につながるものがあるので、形の上ではコンプリートガチャと言えます!
でも例外という部分が存在します。
『そろえる何かを選択してそろえられる場合』
えー武器はダブリやメモリアルソードと交換してそろえられますよね。
つまりこのガチャは例外に当たるわけです。
ただ例外は全てが例外として認められるわけではないので、あくまで何故法律が作られたかの方が重要になる場合があります。
だからグレーゾーンにはかわりがないです。
しかもこれ、逆から見ればほぼ完璧にコンプガチャです。
これに気が付いたのは実は先日。
ミコトのモチーフ武器を手に入れたら、ミコトが欲しくなったのです。
あれ?逆の場合は完全にコンプガチャなのでは?

まとめます。
白猫のガチャは、法律の意味から考えてコンプガチャとは言えない。
実例にも当てはまらないので更にコンプガチャとは言えない。
例外にも『半分』当てはまっているのでコンプガチャとはいいがたい。
ただ、武器ガチャとキャラガチャを区別するのなら、武器ガチャは白だけど、キャラガチャは形の上ではほぼコンプガチャと言える。

私はね、正直こういうガチャの形は想像していませんでした。
法律で禁止してもいくらでもやりようはあるとは思っていたんです。
法はただの見せしめ、そして今後『子供が使いすぎる事のないように注意しましょう』ってのが法律の意味だったと思います。
だからそこさえ守っていればある程度はアリだと考えています。
つまり何が言いたいかというと、コロプラのこのガチャのやり方は凄いと思ったわけでして。
尊敬というか、流石にプロだなって思うわけでして。
結局どんな商売も、購買意欲を掻き立てて売るわけですよ。
射幸心をいかに煽るかが腕の見せ所なわけですよ。
射幸心を煽る事ってのは、別に悪い事じゃないんですよ。
ただそれに子供を巻き込んでしまったのが問題になったわけで。

そんなわけでもう一度いいます。
白猫のガチャ、特にキャラガチャは形の上ではコンプガチャと言える可能性が高いです。
でも法的にはコンプガチャではありません!
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト