★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【 #考えてみたシリーズ 】人は見た目で判断できるのか?

2016年3月12日【土】11時31分52秒
突然タイトルに『考えてみたシリーズ』とつけてみた。
私は結構考える事が好きで、何かを書く時に『考えてみた』ってのが多いから、これからはまとめていこうかと。
ただ、面倒なら突然止めるかもしれないし、次は1年後になるかもしれない。
とりあえずなんでも始めてみるのが私のやり方。
だから自然消滅も多いんだけどね。

さて第一回は、人は見た目で判断できるのかって話。
この答えは、私の中では実は既に決まっていた。
ある程度は判断できる!というのが答えだ。
ただ最近少し考え直したので、それを書こうと思った次第。

人は生まれてから、それぞれの容姿で育っていくわけだ。
容姿は物理的には決まっていて、その容姿で育つわけだから必ず見た目と性格には関係性がでてくる。
だから見た目で判断できる要素は必ずあると言える。
次に、性格が顔に出るってのもある。
優しい人は優しい顔になるし、常に他人の目を気にする人は周りをうかがうような顔になる。
自分に自信の無い人はそれが顔にでるし、目力の有無にも影響するし、どれもその人を判断できる材料だ。
常に眉間に皺を寄せるような思いで生活していれば、その皺は物理的に残る場合もある。
全て分かるとは言わないが、まあかなり判断できるんじゃないかと思っていた。

ところが最近少し、見た目との矛盾というか、何かスッキリしないと感じる事があった。
この人の言っている事は正しいのだけれど、どうして見た目的には全く信用できないと感じてしまうのだろうか。
もしかしたらこの主張が間違っていると思わせたいのかと勘繰った。
それで同じ主張をする他の人を見てみると、これもまた何処か信用できないと思わせる部分がある。
一体なんなんだろうかと考えてみたら、一つの答えが出た。
なるほど、言っている事がハッキリしている、つまり偏っていて、その考えや答えに自信を持っているという事は、おおよそ他人の意見は聞かない人って感じたわけか。
或いは逆に、人の考えを吸収しすぎる為に、その人がそこに見えないと感じたから信用できないという思いにつながったようだ。

人は見た目でそれなりに判断できる事は間違いない。
ただ、どういう出会いの中でどういう知識を得て育ってきたのかは分からないので、見た目で判断すると大きな間違いを犯す可能性も高いという事だ。
思想までは分からない。
思想が分からない以上、その人を判断する材料にはかなり乏しい。
結局人を判断するには、長く付き合って話をしなければならないのだ。
人を判断する時、見た目は判断材料のただの一つという事。

結論を出してみるとあたり前と言えば当たり前のところに収まった。
それでも今回これについて考えた事で得たものがある。
見た目でどこか信用できないと感じるのは、その人の思想が偏りがちというか色々な意味で極端であると理解できた事。
革命家とテロリストは紙一重。
勝てば官軍負ければ賊軍とは違う。
正しい事をやれば良い結果になるわけでもないし、悪いことをしても良い結果を生む場合がある。
つまりそこはギャンブル。
ギャンブルは信用しづらいし、ギャンブルは大きな勝負になればなるほど怖い。
そういう事だったのね。

【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト