★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【 #ゲーム 攻略 】モチベーションを維持させる事は難しい!スマホ向けゲームを長く楽しんでもらうには?

2016年3月8日【火】12時02分35秒
スマホ向けゲーム運営側の立場から、ユーザーにモチベーションを維持させる為にはどうするのがいいのか考えてみた。
※(私は運営者じゃないよ)

私がコンシューマーゲームで最も長くプレイしたのが1年程度。
概ね3ヶ月もやれば飽きてやらなくなる。
しかしスマホ向けゲームでは既に2年以上続けているものがある。
ずっと楽しめるのがスマホ向けゲームの良い所であり、プレイヤーとしてのモチベーションは、コンシューマーゲームをやっている時よりも高い。
長く楽しめるはずだと思えるだけで既にモチベーションは高くなるわけだけど、それでもやっぱりモチベーションはドンドン無くなってくる。
飽きるから仕方がない。
そう思う部分もあるけれど、それは多分違う。
例えばシリーズもののコンシューマーゲーム、ずっとプレイし続けている人もいると思う。
同じようなものなのに、どうして続けられるのか。
やはり新しい何かが追加されたり変化があると、それはもう違うゲームであり刺激もあるから面白くて飽きないのだ。
それを常に行っているのがスマホ向けゲーム。
ちゃんと更新していれば、おそらくずっと続けていけるはずなのだ。
リアルの事情が絡まない限りはね。

つまりモチベーションを維持させるもっとも大きなものは、ゲーム自体が面白い事。
これがある間は、多少ユーザーにストレスを与えても、みんなゲームを続けていく。

しかしゲームが面白くてやりたいという気持ちがストレスに勝てなくなれば、そこで多くのユーザーはゲームを止めていく。
でもゲームが多少なりとも面白ければ、ストレスを減らしてバランスをとる事で続けてもらう事も可能だ。
少なくとも、少しでも続けたいと思えるゲームなら、全てのストレスを無くせばゲームをやろうという人は少なからずいる。
ただ、スマホ向けゲームのほとんどは、金儲けの為に運営しているわけで、全てのストレスを無くす事はできない。
だからこの方法でモチベーションの維持をはかるには限界があり、ゲームを更に面白く更新していけなくなったら、他に方法が無ければゲームを終了するしかない。
運営を続けるには他の手を考える必要がある。

まず、実際に運営が行っているモチベーション維持の方法を思い出してみよう。
とにかくやる事を与えて、ゲームから離れないようにしているように見える。
ゲームから一度離れてしまうと、モチベーションが一気になくなり、再びやりたいと思う気持ちが戻らない場合がある。
もちろん面白いゲームなら余裕で戻れるから、この方法はゲームがつまらなくなってきた時にやる方法と言えるかもしれない。
何故なら、逆に面白いゲームでも、やらされている感を覚えるとそれだけでゲームを止めたくなるからだ。
ニートゲーと言われるようになったら、それはもう惰性で続いているゲームと考えていいだろう。
ただし、ゲーム開始直後は例外。
最初からコンテンツ不足だと安いゲームに感じてしまうからね。

次にプレイヤー側から見てみよう。
モチベーションを最も維持する原動力になるのは、やはり満足や喜びを得られる目標がある事だと思う。
ゲームの場合それはある程度決まっている。
トップレベルになる事だったり、それを維持する事だ。
最強を維持する中に、コレクションという要素も含まれる。
ゲームではアイテムやカード、色々なものをコレクションする要素があり、それらをより多く持っている方が強い場合が多い。
ゲーム開始直後からやっているプレイヤーの中には、全てをそろえないと気が済まず、それをモチベーションにしている人もいる。
私もとあるゲームで集められるもの全てを集めてモチベーションを保っていた。
しかし一つ取り逃した時、それがもう二度と手に入らないコラボ系のものだった事から、それで一気にモチベーションがなくなった。
コレクションをモチベーションにしている人は崩れると脆いので、個人的には早めに全ての人から全部をコレクションしようという要素は無くしてしまった方がいいのではないかと思っている。
もしくは、全てをいつでもそろえられるような対応をするかね。
それならトップレベルを目標にするってのも、全てをそろえられないってのが枷になりえるけれど、その問題も起こらない。

他にも、今まで頑張ったものを無駄にしたくない思いや、せっかく手に入れた強キャラ強カードが勿体ないという感情、友達との会話のネタになる事がモチベーションになったりする。
ある程度続けさせてしまえばなんとかなると考えている運営者も、もしかしたらいるかもしれない。
課金者は特に、今までかけた金を無駄にしない為に更に金をかけたりしているのではないだろうか。
まあこの辺りは金儲けのテクニックみたいな所があるので、逆にユーザー側から見れば、そう感じたらゲームの止め時かとは思う。
そう思っても止められないんだけどね。

こうやって考えると、タイトル通り長く楽しんでもらうには、結局ゲーム自体に良い変化をつけて面白くする以外にないよね。
後はできるだけストレスを無くすか。
ただそのストレスを求める人もいるようだからこの辺りは難しい。
上を目指したりトップを維持したりするのをモチベーションにしてもらえる環境が無いゲームも多いので、その辺りの改善はあってもいいとは思うけれど、結局最終的には一つなのかな。

結論としては、常にゲームを面白く変化させ、ちゃんとレベルアップしていけるようにする。
スマホ向けゲームは主にマルチだったり友人と一緒に楽しむものが多いので、レベルアップというのは、絶対的なものではなくて相対的にね。
長く楽しんでもらうにはこれだと思う!
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト