★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【 #乖離性ミリオンアーサー 攻略】私がマジでゲームしなくなった理由!これまでの歴史を振り返る!

2016年3月16日【水】13時59分08秒
乖離性ミリオンアーサーは面白いゲームだ。
だけど最近モチベーションが無くなってマジでやらなくなってしまった。
今日はその理由を考える為に、これまでを振り返ろうと思う。

先に言っておく。
飽きたからという理由は否定できない。
ただそれだけではないと思ったから考えてみようという事だ。
そしてもう一つ。
記憶していることをこれから書くわけだから、間違っている部分も当然あると思うので、その辺りふまえて読んで欲しい。


このゲームに出会ったのは、2年前の11月。
当時ドラポにはまっていた私は、某ドラポの掲示板で乖離性ミリオンアーサーというゲームがリリースされた事を知った。
拡散性ミリオンアーサーは以前ドラポとコラボしており、このゲームもコラボするのではないかと噂された事から、だったらちょっとやってみようかという理由で始めた。
始めてとにかく感じたのは、ドラポに似ていて面白いって事。
当時の評価としては、協力バトルではミリアサ、対戦ではドラポという感じ。
そもそもその頃ミリアサには対戦が無かったわけだけれど、ドラポの対戦に比べると少し落ちるかなって感想だった。
これで対戦ができるようになればドラポを超えると私は思った。
ただこの時、単純に4対4の対戦だと面白くなる気がしなかったので、工夫は必要だとも思った。
とにかく協力対戦でドラポよりも面白いわけだから、とても将来性を感じる。
私は結構マジでやる事にした。

楽しいと思う日々は続いた。
よく分からない所もあったけれど、まずはメイン職のカードを集めてレベルを上げる。
続いて他の職のカードも集める。
名声リーダーが無いと辛いので、汎用性の高いカードを育てた。
100万ダウンロードの時に開催されたガチャでもニムエとクーホリンが当たり、とても良い感じでゲームが進んだ。
クレア事件(クレアが誤ってドロップしてしまう時間が30分ほど有った事件)も有ったが、ドラポが炎上が楽しいゲームだったので個人的には特に思う事は無かったかと記憶している。

そんな時、やる気を萎えさせる出来事が起こった。
クリスマス限定カード『聖夜型ニムエ』の入手方法が、その日だけのイベントだった事で、かなり辛かったのだ。
手に入れられなかった人が多数。
私も偶々コンテしてくれた人がいた時に手に入れる事ができたわけで、当時のブログに『こういう風に手に入れても素直に喜べない』と書いていたと思う。
これに関しては運営もすぐに対応して、正月のイベントも1日だか3日だか忘れたけれど、それを15日に伸ばしたと記憶している。
それは良かったのだけれど、あの頃はまだまだドロップ率も渋い時代。
降臨祭なんかもあってとにかくやる事が多くて辛かった。
こんな過密スケジュールではこのゲームは続けられないと感じた。
ちなみにクエストの常設は最初から望んでいたとは思うが、実際にブログなどで書き始めたのはこの頃からだったように思う。

さてその後一旦落ち着いて、まずまず楽しめていたのだけれど、いくつかの不満がでてきていた。
一つは、3Dボスの使いまわし。
そして予告無しの仕様変更。
更にはガチャ限の必須化。
3Dボスの使いまわしに関しては今では当たり前だけれど、ゲームを始めた時は予想していなかった事なので単純にガッカリした。
とはいえ運営側の立場で考えれば当然だとも思えるのでこれは私にとってさほど大きな事ではない。
ただこの後、使いまわしばかりになる時期が続いたのは辛かった。
予告無しの仕様変更というのは、イベントが始まって1週間後にメンテが入り、明けたらボスの強さが変わっていたりした事。
今までと同じだと思ってやったらどこか強い、或いは弱い。
それで攻略法まで変わったりして混乱した。
そんなに大きな混乱ではないが、クリア率に影響する程度には変化があった。
これはその後行われなくなったので良かったと思う。
私が一番注目していたのが、ガチャ限の必須化。
ガチャ自体がとても渋いものだったので、ガチャ限が無いとできないゲームでは、まず無課金ではできない。
非課金プレイヤーがいないと、マルチ主体のこのゲームは成り立たない。
だからこの辺りどうするのか注目していたわけだ。
私は渋いガチャならそれならそれで、ガチャ限が無くても成立するゲームにすればいいと思っていたし、そうでないならガチャ確率を上げるべきだと考えていた。
しかし結局、クレアや春ウサのようなカードが必須化し、尚且つガチャも変わらなかったので、この時私はこのゲームにはついていけないと判断して、ブログで取り上げる事を止めた。
それでもまだまだ期待はあったので、ゲームはある程度しっかりと続けている。

そんな中来たのが、ガチャ確率の表記、騎士メダルの交換、そしてステップアップガチャの開催。
私が問題視していた所に対してすぐに運営は対応してきた。
これは素晴らしい。
一つずつ説明すると、まずガチャの確率表記。
これまで確率を公にはしていなかったが、ここで3%という的中率を公開した。
この確率は元々の確率よりも高いと言われている。
あくまで噂の範囲内だが、これは運営の方向性を明らかにしたもので分かりやすい。
このゲームを楽しむには、ガチャ限が無いと駄目だとハッキリさせたのだ。
ただこの的中率では無課金者に辛い状況は変わらない。
そこで騎士メダル交換。
クリアに重要なカードを月に1枚は手に入れられるようにしたのだ。
無課金だとこの頃3ヶ月に2枚が限界だったけれどね。
この対策は生活補助みたいなもの。
無課金でも最低限の生活は保障しますよって話。
この頃のカードの価値等を考えると、リアル生活補助に当てはめたら10万円貰っているくらいだろうか。
ちなみに今はカードの種類が増えてカード1枚の価値がかなり落ちているから、2,3万円程度の価値だと思われる。
ゲーム継続年数とも関係するので、長くやっている人ほどその価値は落ちる。
でもこの時はこれが有ると無いでは雲泥の差だったわけで、多くの人がゲームを止めずに済んだのではないだろうか。
そして更に3月末に開催されたステップアップガチャ。
今はそんなにインパクトのあるガチャではなくなったけれど、この時のステップアップガチャは良かった。
闇鍋の中の具は少なく、美味しいものの割合が多かった。
私はここでガレスを引き当てて、更に後に乖離進化で活躍するコルグリやジャンヌやオイフェも引いている。
騎士メダル交換で春ウサを手に入れ、ゲームを続けるのが難しい状況から一気に脱した。

そんな素晴らしい対応が有った直後、最もミリアサを揺るがす問題が起こった。
みんなご存じ拡散問題だ。
拡散性ミリオンアーサーのサービスが終了する事は告知されていた。
そしてそちらのゲームをしていた人に対して何かしらカードの配布がある事も言われていた。
普通に考えて、1枚限定カードを配るんだと予想していたわけだが、その予想は大きく覆された。
枚数は忘れたが、当時必須化していたようなカードのコピーカードが大量に配布されたのだ。
沢山の問題がここにはある。
まず、強いカードが大量にばら撒かれる事によって、敵のインフレの懸念。
次に拡散性からのユーザーが増えて、その人達が一気に強者の仲間入りをしたものだから場が荒れた。
持ちカードにPS(プレイスキル)がついていっていない人が増えたからだ。
そして最も問題視されたのが、配られたカードが必須化して今まで乖離性で頑張ってきた人が弱い立場になってしまったのだ。
簡単に追い越されたと言ってもいい。
そこで今までトップレベルでやってきた人がリアルマネートレードに手を出す。
引継ぎコードが大金で取引されるようになった。
更にこれらのカードは、ゲーム内で手に入れられるようにすると運営は言っていたにも関わらず、それが思っていたものと違った。
拡散性の人達はそのカードを早く手に入れて使えるだけだと言っていたにも関わらず、それが有料ガチャだった事がユーザーにはショックだった。
ここでやる気を無くして止めて行った人が多数いたと言われているが、本当のところは私には分からない。
ちなみに私はこの頃、既にマッタリモードに入っていたので大して何も思わなかった。
ただ、後に長く引きずる事にはなる。
ちなみにネタとしてはこのサイトでも取り上げているけれどね。

その後しばらく盛り上がらない時期が続く。
Fateコラボでは強力なカードがガチャに入ったりして、コラボガチャの意味をよく知る人なんかが更にゲームから離れたかもしれない。
そんな中、私だけが逆行しているかのように、ミリアサへの意欲を取り戻す。
理由は、今までメインにやっていたドラポを続ける意欲が無くなり、ミリアサをメインにしたってだけの話。
でもこの辺りから、実はミリアサ自体も勢いを取り戻していく。
3Dボスの使いまわしは最盛期、無駄にゲームを横に広げたり、コラボを連発したり批判はかなりあった。
多分4月後半から9月まで新3Dボスは1体も無かったかと思う。
ゲームの広がりは確かにあったけれど、カードがついていってないし、『状態異常』→『解除』ばかりで面白味がない。
コラボガチャが連発されて、必要カードだけの人も含めて、納得いくだけのカードを全てをそろえたい人からの不満が膨れ上がっていた。
ただ意外と良かったのが、元々遅れていた人がコラボカードによって形になってきたりした事。
私もその中の一人。
コラボカードによってかなり救われた。
更にこの時感じたのが、運営のやる気というか、ミリアサの将来性。
UIやシステムの見直しなんかに力を入れており、いずれ落ち着いた時に最高のゲームになっているに違いないと思った。

さて秋になり、そろそろ1周年を迎えようかというこの時期、ミリアサは最高に活気づく。
概ねシステム面が完成したのか、テレビCMを出したのだ。
新3Dボスも登場し、新しい形のコラボイベントもスタートする。
テイルズコラボはかなり好評だった。
ただ私にとっては最悪だったのかもしれない。
ここまで停滞していた時期もあったけれど、なんだかんだ結構頑張ってやっていた。
でもここで、私のやる気が一気に半減する出来事が起こった。
それは、騎士メダルガチャと、そこで手に入れられるカードがメダルガチャでも手に入れられるという仕様。
これまでガチャ限カードと特別なカード以外は全てそろえてきたのだが、ここで1枚取り損ねたのだ。
それもかなり頑張ったにも関わらず。
取り逃すとモチベーションが落ちる事は予想していたが、まさにその通りになってしまった。

1周年では最高に盛り上がっていた。
ただ、CMによって入ってきたユーザーが多く、超弩級ですらかなりカオスになってきていた。
1周年記念で開催された挑戦級もこれに拍車をかける。
即リタイアする人が増えて、ホストが凄くやりづらくなった。
私はそれ以前からホストはやりたくないと感じていたけれどね。
そして盛り上がりはあったけれど、この時に開催された聖杯祭で登場した感謝型。
手に入れられた人は良かったけれど、手に入れられなかった人が少しゲームから離れたように思う。
これが無いと、特に傭兵はきついからね。
それでも難易度的にはいいバランスで、新規ユーザーでもある程度カードをそろえてくれば超弩級もクリアできる。
しっかりと無課金でも楽しめるのは良かった。
ただしこの挑戦級から、嫌な予感はあった。
特効カードの出現である。
リリルカが無いとクリアできないゲーム。
後に続く事になる。

モチベーションが半減していた私だが、それでもまだまだやる気はあった。
しかし、ここで更にモチベーションを下げる出来事が起こる。
超弩級の難易度が急激に上がり、特効カードの必要性が高まってきたのだ。
つまり先日まで無課金でもできるくらいのゲームだったのが、一気に無理と思われるようになってしまったのだ。
私自身も、メインの盗賊では参加しづらいゲームが増えた。
盗賊だけではなく、他の職も大変になってきた。
今まで簡単にサブ職にしていた富豪も、強力なカードの出現でもう無理だと感じられた。
その悪い流れの中、ミリアサは正月という最も人がゲームから離れやすい時期を迎える事になる。
そして年が明けても、やはり私のモチベーションが戻るきっかけとなるものはすぐには無く、ただ盛り下がった。

それから、御祭性が有ったり、ファルサリアが有ったりとモチベーション復活のきっかけになりそうな事はあった。
ゲーム難易度の見直しもあったように感じられる。
しかし一度下がってしまったテンションを取り戻せないのは、ゲーム自体が既に壊れてしまっていたから。
このゲームは、楽しくゲームする為には最低限のカードが必要となる。
何故なら、マルチプレイで他人に迷惑をかけてしまうから。
図太い神経の持ち主ならそれでも楽しめるのだろうが、私のようなノミの心臓ではなかなか楽しめない。
難易度調整により確かにクリアでできるようにはなったが、最低限納得できるデッキが組めなくては参加しづらい。
その理由を考えると二つある。
つながる部分もあるので主に一つと言えるかもしれない。
まあ『特効カード』という事になるのだろうか。
これが無いとクリアできないってカードがガチャ限にあり、それが複数枚必要な場合に数が足りないのだ。
そうなってしまった大きな原因が、一気にゲームの幅を広げた為に、それにカードがついていっていないと言う事。
特効カードの為にわざとそうしているのか、それとも違うのかは分からないが、少なくとも今のままでは課金者ですら楽しむのが難しい状況だ。
いくらマルチプレイゲームだからと言って、無課金でも絶対に楽しめるようにする必要はないと思う。
運営は金儲けでやっているのだから、その方が儲かるのならそうすればいいしそうするべきだ。
でも今のゲーム、廃課金者は楽しめているのだろうか。
私が感じる所としては、楽しめている人はかなり減ってきているように感じる。
ソロプレイを常設したら多少マシにはなると思うけれど、すぐには改善されないだろうね。
常設を強く求める人は今のプレイヤーじゃなくてゲームをしていない人なわけだし。

おっと、私は何故こんな事をこんなに長く書いてしまっているのだろうか。
ブログネタがないから書き始めたらちょっと長くなってしまった。
まあ私にとっては正直な話どうでもいいこと。
でもブログネタが無くなるのも困るし、とにかくミリアサは復活してほしいな。
1周年では売り上げ2位までいったんだし、常に上位にいるようなゲームになってほしい。
その為にこの記事が多少役に立てばと思うけれど、運営がこんな寂れたサイトを読んでいるとも思えないな。

そんなわけでミリアサの歴史を振り返ってみた。
運営のやる気は素晴らしいし、まだまだ面白くなるゲームだと思っている。
期待しています。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト