★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【 #乖離性ミリオンアーサー 攻略】限定ガチャ「華咲く乙女たち」に登場する新カード『花月型パーシヴァル』『花月型歌姫アーサー』『花月型スイセン』『花月型モーガン』の評価と感想!

2016年4月4日【月】22時10分08秒
『花月型パーシヴァル』
傭兵用2コスト3ターン氷属性のエンチャントカード。
同時に魔法攻撃力もアップする。
まず、今回のファイアドラゴンなんかを見れば、今後エンチャントカードの使いどころはあるのだろうと思う。
ただ、そんなに使いどころが多いカードでもない。
攻撃バフと考えても、最低4枚は同属性をそろえたいし、バフと違って使えるのは強属性の時だけ。
汎用性は低い。
無課金なら無理せず見送るべきカードと言えるが、特効ゲー化してきている今のミリアサを楽しむためにはおそらく手に入れておいた方がいいだろう。
評価は、通常のエンチャント系カードよりも低い。
理由はエンチャント攻撃力を下げて、魔攻バフが付いている所。
使えるシーンがより限定されている。
これなら数字の大きな単なるエンチャントカードの方が良い。
現在評価は低め。

『花月型歌姫アーサー』
富豪用1コスト1ターン氷属性魔防バフカード。
3チェイン以上で物防バフも付く。
配布されているようなカードよりも使い勝手がいいので、富豪としては手に入れておきたいカード。
初ターンからの3チェインはまだまだ強属性ですら難しいから、現状それを期待する事は止めた方がいいが、この先は今よりも使えるようになると思う。
富豪なら手に入れておきたい1枚ではあるが、無いと駄目なカードとも言えない。
余裕があるのなら手に入れておきたい感じかな。
評価はまずまず高め。

『花月型スイセン』
盗賊用2コスト2ターン火属性魔攻デバフカード。
魔法攻撃力の10%分効果がアップする。
通常2000はあるだろうから、200以上は無条件に威力がアップするだろう。
更に2コストバフと同時に出す事で、デバフ1.5枚を出しているくらいの効果にもなる。
効果的には、使い方によっては凄く強力なものにもなり得る。
しかしどれだけ力を発揮できるシーンがあるのかを考えると、大して多くはなさそうだ。
4コス目にバフと一緒に出すにしても、それなら納涼ガラハと通常のデバフを一緒に出した方が効果的に大きい。
ただ、このカードには大きな魅力が一つある。
それが属性。
盗賊メインでやっていると、意外とアタッカー以外での火属性チェインがしづらい。
火属性だから欲しいという人は結構いると思う。
カード自体の評価は並。
ただし1回くらいはこの効果が必要になる事があるかもしれないので、プロ盗賊なら手に入れておきたいかな。
有ると便利ではある。

『花月型モーガン』
歌姫用1コスト闇属性の回復量アップとリジェネ。
この手のカードはとても多いし、闇属性はメダル産でいいのがあるので無理に手に入れるべきカードではなさそう。
ただし序盤にそれなりの効果が必要な場合も増えてきており、より効果値の高いものを求める必要もある。
無理に手に入れるべきカードではないけれど、有れば有ったで使う事になりそうだ。
評価は、他に似たカードが多いという意味では並だけれど、そのものの評価はまずまず高い。

【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト