★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

共生世界を目指すというのは文化侵略戦争を活発化させていこうという意味!ハッキリ言って私は怖い!

2016年5月18日【水】18時31分01秒
共生世界を目指す。
一見素晴らしい理想に思えるが、冷静に考えてみると結構恐ろしい事に気が付いた。

まずそもそも共生世界とはどんな世界か。
1つは、世界が一つの政府の元に地球全体が1つの国のようなものになる世界だと考える。
国境もなく、ある程度統一した価値観の元、みんなが一緒に暮らす世界だ。
もう1つは、まるっきり逆の考え。
それぞれの国がこの地球で共生する世界。
全ての国が日本の江戸時代のように鎖国し、国家間の紛争を許さず、内政には一切関与しない。
その為に国連軍をつくり、世界警察として紛争解決にあたる。

おそらく共生世界を目指すと言っている人は、2つ目を目指しているわけではないと思う。
何故なら、私がそうだったから。(笑)
世界の平和、一つの世界を目指しているはずだ。
それに2つ目を目指してできるものなら、既にできているはずだよね。

ではどういうやり方で世界を一つにしようというのか。
まず思いつくのが、何処かの国が世界を征服し、武力を使って強制的に行う方法。
だけどこれは中国が既にやっているけれど、世界から批判を浴びているし、当然共生世界を目指すと言っている人も否定しているはずだ。
次に話し合いで解決する方法。
おそらくこれは、やり方の一つとしては考えられているだろうけれど、世界の価値観を統一しルールを決めるとなると、話し合いで解決できるなんて思えない。
共生生世界を望んでいる人はTPPに反対していたよね。
これはたった2国間、正確には後いくつかの国が絡んでいるけれど、主に日本と米国での取り決めだ。
それすらなかなかまとまらないし、日本側は譲らないと言っているわけで、価値観や文化の違いともなれば、話し合いで決まるものでもない。
だとすると、最終的に共生世界にする為に何かをするとなると、それは価値観の共有とすり合わせを地道にやっていくしかないのだ。
これは『静かなる文化侵略戦争』と言っていい。
それぞれの国の人が、良いと思う文化や価値観を世界に訴え、お互い文化を侵食し合い、いずれそれが終わった時には世界は一つになっているだろう。
これは多分、数百年で終わるものではなく、もっと長い月日がかかるものだと思う。

共生世界を目指すと言っている人は、これを積極的に早めようと言っているわけだ。
つまり、文化侵略戦争を活発化させようという危険な思想だと言える。
戦争には2種類あり、一つは国益の為の戦争、もう一つは文化侵略戦争であり、その解決手段の先に武力による戦争がある。
文化侵略戦争を活発化させるという事は、武力による戦争を引き起こそうとしているのと同じだ。
例えば日本に移民を1年に1人だけ受け入れていくとしたら、これが問題で不満が起こる事は少ない。
しかし共生世界を目指すがゆえに移民を10万人いれるとしたら、おそらく国内の治安は悪くなるし、不満は爆発する。
事実移民を受け入れている国では、国民が不満の声をあげている。
それは文化侵略戦争が活発化するからだ。
日本人は嘘をついてはいけないという文化。
某国では嘘をついてでも利益を得た方が偉いという文化。
これが真っ向からぶつかればトラブルになるのは当然だ。
これに関してどちらが優れた文化かというのは別にして、一気にやろうとしたら武力を使う事につながる。

日本はかつて江戸時代まで、とても良い文化があった。
日本の国民は天皇陛下のおおみたからであり、国民の幸せの為に働く役人に、陛下は権力を与えて国を統治させてきたわけだ。
だから権力者というのは、己の利益の為に働いてはならず、国民も己の利益の為ではなくみんなで支え合って生きるという文化になった。
それはとても素晴らしい文化だったので、2000年も続いてきたのだ。
しかしその素晴らしい文化も、外国の文化侵略によって変えられた。
金の為に働くという文化を持ち込まれ、利益を求めず人々の為に働くという文化を薄れさせたのだ。

共生世界を目指すという事は、時に良いものも捨てるという選択肢に迫られる。
日本語はとても素晴らしい言語だ。
共生世界ではこの言葉はどうなるのか。
私は世界一優れた言葉だと思っているが、共生世界で採用されるとは思えない。
他にそれを上回る言語が現れた時、日本人はもしかしたら日本語を捨てる事になるかもしれないが、おそらくそう早くはできないだろう。
なのに共生世界を目指す為にアクセルをふかしたら、準備が間に合わないから必ずそこに争いが起こる。
そして悲しい思いをする人が出てくるのだ。

共生世界は目指すべき理想ではない。
いつか自然にたどり着く世界なのだ。
共生世界にたどり着くまでに、いかに今を人々が幸せに暮らせるか。
それを考えないといけないね。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト