★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【 #乖離性ミリオンアーサー 攻略】希望する!ドラゴンと対戦!対人戦はコレ!

2015年7月13日【月】15時23分57秒
プレイヤー同士の対戦ということで、少し前からアリーナが始まった。
しかしこれが‥‥飽きるというか、単純過ぎて面白くないというか‥‥(^^ゞ
今後4対4の対戦とか出てくる予定のようだが、少なくとも今のような勝敗の決し方では面白くなるようには感じない。
そこで私が以前から言っている、ドラゴンカスタマイズについて詳しく書こうと思う。
絶対こっちの方が面白いし、ゲーム自体盛り上がるはずだ。

まず簡単に説明しよう。
プレイヤーは皆、ドラゴンを持っている。
キメラでもチアリーイーターでもかまわないが、とりあえずドラゴンだ。
色は5種類有り、プレイヤーが自由に選ぶ事ができる。
イベント毎に色指定とかでもかまわない。
ドラゴンにはHPや攻撃力など、最初からある程度基本設定がされている。
たとえばアイスドラゴン。
奇数ターンに腕必殺攻撃+攻撃バフ。
4,7,10コス目と3コス毎に全体ブレス攻撃。
背中は偶数ターンに魔攻バフ。
この設定で、HP量以外は上級~超級くらいの強さにする。
HPは超弩級クラスね。
そのドラゴンを、同じ属性の持ちカードによって強化し、他のプレイヤーを迎え撃つのだ。

陣取り合戦、勢力対戦、なんでも良い。
単純に他人のドラゴンに挑戦するだけでもいい。
そしてイベントスケジュールも今のクエストと対人戦で交互に行う。
ドラポのようにだ。
ドラポはスペダンがもっとあってもいいという声も大きかったが、アレは2週間に1つだったせい。
ミリアサでは、1日と15日に新3D(色違い含む)、復刻3D(数が増えていけばそれに合わせて)、新妖精1種の3つにする。
3つあれば1週間は楽しめるし、多くはないからイベント開始時の忙しさも軽減できる。
そして1週間後、対人戦がスタートだ。

それまでにまずはドラゴンをカスタマイズ。
やり方はカスタマイズ画面で、各ターンに使用するカードを、デッキを組むように決めていくだけ。
アイスドラゴンを選んだ場合は、氷属性のカードを、各ターンのコスト分だけ使用できる。
たとえば1ターン目(3コス目)は、サカパシを選んだとしよう。
基本動作はそのままだが、そのターンに氷魔法攻撃(ドラゴンなのでブレス)と、魔攻バフが行動に追加される。
同じように各ターンに使用するカードを決めていき、ドラゴンを強化するわけだ。
10コス目まで決めて、11コス目以降は繰り返し、或いは10コス目の繰り返しでもかまわない。
こうやって一つのドラゴンができあがる。
作る側としては、カスタマイズする楽しみ、ドラゴン用にカードを集める楽しみが増える。
攻撃する側としても、行動が読めない敵に無数に挑める訳だから飽きる事がない。
プレイヤーは基本4キャラ操作のソロプレイが望ましいが、4人で挑むのも有りだ。
ドラゴンに勝ったり、逆に撃退すればポイントゲット。
同じ敵に対して得られるポイントは1回きり。
複垢対策としてね。
そのポイントを競う。
イベントにあまり参加できない人でも、強いドラゴンを作ればドラゴンの部で上位を狙え、逆に時間のある人は、より多くのドラゴンを倒してポイントを稼げる。
対戦は基本挑戦者数が均等になるように振り分けられるが、一度対戦したドラゴンには再戦が可能。
1匹ずつ仕留めていくも良し、色々な対戦を楽しむもよし。

ポイントは、プレイヤーレベルや使用カードによって決める感じかな。
MRはレベル×3ポイントとか、URはレベル×2ポイントとか。
より多く撃退しているドラゴンはポイントが高くなっていく仕組みでもいいけれど、それだと序盤に倒した人が損なのでやっぱり固定が良いかも。
イベント中でもカスタマイズは可能な方がいいので、カードにポイントを付けて、使用カードによって決まるのが一番いいと私は思う。

このシステムなら、運営にもメリットが大きい。
まず、リアルタイム対戦ではないので、システムの構築がやさしい事。
そして、通常のデッキ以外にカードを使用するわけだから、必要なカードも違ってくるわけで、今までにゴミだったカードにも価値が生まれ、売れる可能性がある。
新しい敵を考えるアイデアなんかも、プレイヤーの作ったドラゴンからヒントを貰えるかもしれないし、常にプレイヤーが新しい敵を提供してくれるわけだから助かるはずだ。

そんなに難しいものではないと思う。
これで今のアリーナよりも何十倍も面白くなるはずだ。
カードによるカスタマイズに調整が必要で、その辺り少し手間になるかもしれないが、スキルのところで、『通常』『覚醒』以外に『対人』も追加して、全く別のスキルを追加するのも良いかもしれない。

これが私の希望だが、まずはソロプレイモードを完成させる必要があるかな?
でもこのゲーム、ゲームを面白くするよりも、アバターとか別の路線に向かっているんだよね。
私は正直キャラとかどうでもいいんで、よりゲームが面白くなって欲しい。
どうでもいいってことはないけど。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト