★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【 #乖離性ミリオンアーサー 攻略】ゲームバランスを整える良いやり方とは?!

2015年9月23日【水】12時09分05秒
おそらくゲームバランスを整える為だと思われるが、私はこれを知ってショックを受けている。
属性によるダメージ修正がなんでもアリだった事。
光属性に対して風属性の攻撃力14000で攻撃しても、ダメージが5000にも満たない。
防御力は0なのにだ。
光属性なら普通にダメージが出るのになんでこんな調整をしたのか。
聞けば頻繁にこのような調整が行われているとの事だが、これがはたして良い調整なのかどうなのか。
疑問に感じるのでちょっと考えてみることにした。

TCGでは、強すぎるカードがゲームバランスを崩す時は、エラッタと言って下方修正が行われる。
カードゲームでは後から後から色々なカードが追加され、思わぬコンボで強力な効果を生む事もあるからだ。
場合によっては『大会での使用制限』が行われる場合もある。
ただTCGのカードの場合は、カードそのものを売っているわけで、もちろん不満の声は出るだろうが、エラッタは特に問題にはならない。
しかし電子ゲームの場合、その効果のカードの使用権を買うようなものだ。
手に入れたカードが効果通りに使えなければ、それは詐欺になる。
当然対応としては返金する必要が出てくる。
だから決して、『下方修正』はできないわけだ。
故にカードをリリースする時は細心の注意をはらう必要がある。
とは言っても人間のやること、ゲームバランスを崩しかねないカードを出すこともあるし、バグによる間違いもある。
その時はどうしてもゲームバランスを維持する為に何かしらの対応が必要だ。
そこで簡単なのが、敵側を調整しカードの能力を無効化する事。
たとえばこんなカードがリリースされたとしよう。

『最強型トール 闇属性 敵単体/物理/10000のダメージ【3チェイン】最終ダメージが10倍になる』

アホみたいに強いアタッカーだが、それを間違えて出してしまった場合。
このカードの能力をいじれば、当然返金は免れない。
まあここまで酷いと流石に返金するだろうが返金しないで対応しようとしたらどうなるか。
たとえば敵にこんな効果を付ける。

『闇属性の攻撃を5%に抑える』

今回ダークドラゴンに採用されている属性耐性で軽くクリアだ。
今後出てくる敵に採用しまくればいいのだ。
光属性の敵ではそうもいかない?
じゃあ名前にトールと入っているカードの効果を十分の一にすればいい。
あくまで敵側調整であり、カードの効果は変わっていない。
これが許される?
別にやってはいけないというものではないが、事実上の下方修正だ。
これを今回のダークドラゴンで見つけてしまったから、私はがっかりしているのだ。

ではどんな方法が他にあるのだろうか。

まず、今回例にあげたような強カードを上手くごまかす手段はないので、此処まで酷い場合は返金しかない。
では少し強いものを修正したい場合はどうだろうか。
その場合、今回のようなやり方もあるが、別の方法もある。
単純に敵を強くすればいいのだ。
耐性みたいなやり方ではなくてね。
耐性みたいなやり方をするならば、しっかり公開するべきだろう。

それで敵を単純に強くするというのは、今回のダークドラゴンの場合だと、風氷火の攻撃力を30%にするとかではなくて、敵の防御力を上げたり、規定ダメージを上げたりして対応するのだ。
それだと光属性での攻撃では規定ダメージにいかないから困る。
闇で攻撃すればいいじゃないか。
そうすると背中を落とすのが難しくなる?
背中を落とす難易度を下げればいいじゃないか。

今回のはサイレント下方修正と同じである。
そうではなくて、敵側の単純な強さで調整できる部分はやるべきで、できなければ新たなルールとして導入すればいい。
まあ実際はサイレント下方修正ではないし、こういうやり方も納得できる能力なら別に良いと思う。
敵にバンパイヤが出てきて、物理攻撃が通用しないとかあっても、ゲームシステムにそれがなくても納得はできる。
今回駄目だったのは、『既にあるルール』を『なんの裏付けもなく』ねじ曲げた事だ。
ダークドラゴンは属性攻撃が効かない?
私が知らないだけかな?
腕だけは光属性?
ダークドラゴンなのに腕には闇が効果的なんだ?
完全にデジタルゲームである。
数字を計算するのは楽しいけれど、今回のは逆。
設定を大切にしなければならないところで数字を使い、数字が大切なところで曖昧にする。
こういうのは本当にしらけるからやめてほしい。

まとめとして。
なんとかゲームバランスを整えたい場合、まずはゲームのルールの範囲内で行う。
属性の相性にはルールがあるのに、それを無視してはいけない。
それをする場合、何かしらの裏付けが必要。
そういう敵であってもおかしくないと思わせる何か。
それが無い場合でも、しっかり公表して新たなルールなりをしっかり作る。
各属性の耐性というものをゲームのルールの中に組み込むのだ。

そのどれにもあてはまらないので、今回私はしらけたのである。
今後に改善があると嬉しい。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト