★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【 #乖離性ミリオンアーサー 攻略】面白い敵とはどんな敵?少し考えてみた!

2015年9月24日【木】09時33分06秒
面白い敵とはどんな敵か。
人それぞれ好みはあるし、ゲームによって違う部分もあると思うから、一概にこういうのが面白いとは言いにくいが、少し考えてみることにした。

面白い敵、ゲームをしていて楽しく何度でも対戦したくなるような敵。
考えてみると、条件は大きく分けて2つあると思われる。
一つは、戦闘するゲームなのだから、臨場感というかリアルさというか、怖さというか緊張感というか、そういう何かを感じさせてくれる方がいい。
もう一つは、やはりゲームなのだから、戦略戦術の選択肢があって楽しめ、色々計算できると面白い。

まず一つ目は、敵が敵として納得できるものであるという事だ。
だから敵として『仮装大賞』のようなものはあまり好ましくはない。
見た目からして怖かったり、攻撃もそれにあった攻撃をしてくるとよりリアルに感じる。
臨場感がありのめり込める。
ポンポンキメラのような敵は、正直そういうものが全く感じられない。
どんな攻撃でどうダメージを喰らっているのか、全く想像できない。
正直こういう敵との戦闘は、数字を相手にしているような感じで、面白さは半減する。
しかし私はポンポンキメラが面白いと感じていた。
それは『数字を相手にするのも楽しさはある』という事だ。
ゲームが面白くなる敵の二つ目の条件を満たしていて、どんな敵かは分からないが、戦略戦術、そして計算が楽しめる。
ドローマイナス、属性隠蔽、いったいどんな攻撃、どういうスキルなのか全く想像できないが、数字を相手にしているからこそできるものもあり、電子ゲームの楽しさは此処にもあるのだ。
ちなみに此の辺りは好みもある。
野球でも、データ野球を好む人もいれば、閃きや気合で戦う姿勢に惹かれる人もいるのだ。
ゲームでも、今までの経験やゲーム勘などで戦う方が好きな人もいるだろう。
ただそれも、やはり数字があるから勘が働くわけで、ある程度計算できるゲームの方が面白いのは確かだ。

概ね感じるのは、両方の条件を満たせればそれは最高に面白いけれど、どちらか片方だけでも楽しめる敵にはなるという事か。
ちなみ両方満たしていた敵として思い出されるのがギルガメッシュ。
武器を大量に創造してそれで攻撃してくる。
攻撃される前に武器を破壊しておけば、受けるダメージも減るというのは当然。
そして攻撃対象が武器なのだから、魔法物理属性関係なく同じダメージを与えるのも納得がいく。
そこにある程度ダメージを与えると敵が本気で攻撃してくる流れ。
これこそ戦闘だ。
怒り出すタイミングや武器を破壊する量を計算し戦う面白さ。
まさに理想の敵だった。

では逆に、何故今のダークドラゴンは面白くないのか。
6コス部位破壊というマンネリ感もあるが、この敵は両方の条件を満たしていないから。
まず一つ目、このドラゴンはどんなドラゴンで、どういう攻撃をしてきているのか想像し難い。
何故腕だけ光属性なのだろうか。
元々はセイントドラゴンだったが闇堕ちしてしまった。
しかしその前に、左腕で誰かを助けたので光属性が残った?
火、氷、風の耐性があるのは、その守ったものが各界の精霊たちであった?
同時に助けるタイミングがあったのか?
まあ想像が難しい。
よく分からない敵である。
それだけなら、この敵も仮装大賞の敵と同じに考えれば、まだ楽しめたかもしれない。
しかし数字の部分で、計算に合わない調整があった。
5000の規定ダメージ。
これは腕に一定数以上の攻撃をすると、敵がひるんで攻撃回数を減らすと想像できる。
だから規定ダメージというのは分かり安い。
それでそれを与えようといざ風属性アタッカーで攻撃したら、何故かダメージが出ない。
苦手属性として判断されているのかとバフって攻撃しても半分にも満たないダメージで規定ダメージに到達しなかった。
どういう理屈でこうなるのか?
この調整はルールとは違うし、この敵の特性として見るのも難しい。
計算が楽しめない敵だった。

そんなわけで、楽しめる敵、面白い敵とは、条件を二つ、或いはどちらか一つを満たしている事が分かる。

こう考えると、ギミックに関しても良いものと悪いものがハッキリしてくるね。
たとえば暗闇なんかは想像しやすい。
ドラポでは黒い霧や墨を吐くといった感じだったよね。
封印も行動制限だから戦いの中で有りそうだし、毒も分かり安い。
一方、属性隠蔽って何?
これがある敵は完全に一つ目の条件に合わなくなる。
ドローマイナスは行動制限ともとれるけど、一体どんな事をされたらそうなるのだろうか。
こういう部分は、時々ある仮装大賞な敵にだけあってもいいけれど、普通の敵には無い方がいいよね。
カードをドローするって行為が戦闘の中でどう扱われているのかも想像できないけれど。

まあとにかく、この二点を抑えれば、ある程度面白い敵になるんじゃないかな。
マンネリ化しない、今までと違ったギミックを考えるのも大変かと思うけれど、仮装大賞はなるべく避けて、しっかり計算できる敵を作ってくれたらと思います。
ギミックを自由にして面白さを出す場合は、仮装大賞必須だけどね。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト