★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • TOP
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

神道や神社とはなんなのか?固く説明すると伝わりにくいのでユルくお話してみる!

2017年4月13日【木】18時59分38秒
神道って宗教の話をするとさ、やっぱ宗教って言われているからどうしても怪しいって感じる人もいるよね。
だから今日はユルく説明して、こんなに他の宗教とは違うんだよってのを伝えようと思う。

まず他の宗教との違いは、教えが有ってそれを受け入れるのか、そうではなく考えをただ形にしたらそこにあるのかって所。

大昔にそんな生活があったのかどうかは別にして、分かりやすく今風に説明する。

ある人が暮らしていた。
木の実がいっぱい生っていたので採りまくって食べていたら無くなってその後食べ物が無くなって死亡。
そういう教訓が有って、日本人はみんなで仲良く決められた量だけ時期を考えて採って食べるようになった。
家が無いと凍えるので木を切り倒しまくって家を建てまくっていたら木がなくなってその後家が建てられなくなって凍死。
今度は木を切り倒す量を考えたり再利用を考えて自然を大切にするようになった。

日本ではこれはあたり前の考えだが、海外ではまあ住む場所を変えるってのが多かったようね。

とにかく日本人はその土地を大切に、自然を大切に、陽の恵みと海を大切にしてきた。
今年は去年よりも沢山木の実が生った、魚がいっぱい獲れた、自然の恵みを大切にしていたら次の年、また次の年へと良い循環が生まれる事に気づく。
こうして日本人は更に自然の恵みを大切に想い、その思いが溢れて感謝の気持ちを形に表したいと考え始めた。
そこでできたのが神社だ。

最初は、例えばその土地の象徴である山や木に感謝の言葉を伝える。
お供え物をする。
飾る。
周りでドンチャン騒ぎをして一緒に楽しんでもらうという風になる。
その象徴を表す言葉を神とする。
神もそこに立っているだけだと寒いだろうとか考え始め、社を築く。
社殿ができる。
神様に会いにいくのだからと身を清める。
お土産を持っていく。
普通に考えてあたり前の方法で感謝の気持ちを伝えようとした結果、神道という日本人の考え方が神社を生んだのだ。

普通だよね。
多分農家の人達なら普通に感じていると思うよ。
沢山の農作物を作ってくれた土地に対して愛おしい気持ちにもなるでしょ。
『今年も頑張っていっぱい作ってくれてありがとうね』
まあドロドロの田んぼに頬ずりして抱きしめるわけにもいかないから、その代わりとなる方法が必要だったわけ。
それが神社への参拝であり、お祭りなわけ。

よくさ、宗教の話はタブーとか、思想に関する話ってみんなあんまりしたがらないじゃない?
だから神道も宗教と考えていると話しづらいと感じたりする。
でも神道って他とは全く違うのだ。
『日本人があたり前だと思っている事を神道と言う』くらいの感覚なんだよね。
神社はその時に生まれる感謝の気持ちを表したものであり、その気持ちをぶつける場所。
今ではお願い事をする場所って部分だけが大きくなっているけれどさ、本当は豊作を願い、そして恵みに感謝するまでが一つだからね。
宮中祭祀の中で最も大切なのが新嘗祭なんだけど、これは収穫に感謝する祭りなわけ。
何が大切かって感謝の気持ちなんだよ。

そんな感謝の気持ちもさ、今は食だけじゃなくなってきている。
だから祀ってある神様も色々おられるわけよ。
でも基本はこの3種類。
一つはこの土地を与えてくれた神話の神々。
次にこの土地を大切に守り伝えてくれた祖先の方々。
最後に太陽の恵み、海の恵み、山の恵みと言った自然そのもの。

日本人(神道)の考えでは全てに神が宿るわけだから、そのほか何でも感謝したけりゃ感謝して形に表していいのだ。
何を祀っているんだ?って神社も結構あるしね。
でも誰かが感謝したかったらそういう神社もできるわけで。
陶器神社とかもあるよね。
「陶器を崇めなさい!」とか言われても普通は「えっ?」って思うよね。
でも何かの時に感謝する人がいるんだろうね。

そんなわけで、日本人のあたり前の心を神道と言い、色々な所で湧き上がる感謝の気持ちを表す所が神社なんだよ。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト