★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • TOP
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

籠池氏の証人喚問が行われたわけだが証明できない所だけついてきたか

2017年3月23日【木】19時15分18秒
嘘は付けない、ついたら罪になる訳で、まあ証明できない所をついてきた感じなのかな。
安倍昭恵夫人から100万円受け取ったか受け取っていないかなんてどうでもいい話だ。
けれど、それを野党が宣伝工作で安倍総理の辞める条件のように印象付ける事に成功しているようで、まあ結構重要なポイントとなっている。
別に法的になんの問題もないし、安倍総理もこれについては辞めるなんて一言も言っていないんだけどね。

それで結局籠池氏もここしか嘘が通る部分が無く、そこを推しているような気もする。
安倍総理を敬愛尊敬しているとか良い事を言ってはいるが、普通そんな事をいう必要はない。
何故わざわざ言うのか考えると、全く逆の立場の人間が、安倍総理を陥れる為にやっているのではないかと思えてならない。
そもそも安倍総理とは違う考えの人が保守陣営に入り込み、おかしな事をして保守の印象を悪くするという工作はよくある事だ。
そうやって安倍総理を陥れ、総理を罠にハメ辞めさせる為にやっていたようにも思う。
だから証人喚問が決まった時、安倍陣営は喜んだと聞く。

だいたい100万円の寄付の問題は、昭恵夫人と二人きりになった所で行われたとか。
聞く話によると二人きりになるのは不可能だという。
付き添いの人は昭恵夫人の監視役でもあり、そう簡単に目を離すだろうか。
その付き添いの人に聞いても、当然二人きりにはさせていないと答えるだろう。
何故なら二人きりにはさせられないのだから。
だからことそうなったと籠池氏が言い張れば、証明は難しいポイントでもある。
お互い都合の良い事を言っている事になるからね。
全くそこに利益も責任もなければ嘘をいう必要がないという事で認められるのだろうけれど。

つまりここは答えが絶対に出ない。
どちらかが嘘を言っていたとしても結論が出せないのだ。
そうなるとこの混乱で得をするのは誰だろうか。
野党である。
真に保守を望む者が、もしも何かが有ったとしてそれを保身の為には言わないだろう。
だから私は籠池氏を保守の人間だとは思わない。
保守の皮を被った左派の工作員なのだ。

まあこれは私の単なる妄想だ。
仮に保守の人だったとしても、やり方が酷い。
梯子を外されたと言っているが、大きな意味で保守の梯子を外しているのは籠池氏ではないのか。
保守なら黙ってトカゲのしっぽとなるだろう。
私はそう思う。

最後に一応言っておく。
既に安倍総理は保守の人という印象になっているが、やっている事はほとんど左派系の考えで動いてる。
戦後レジームの脱却だけが保守的と言われる所だ。
戦後レジームの脱却は日本人なら普通誰もが思わなければならない部分なので、保守というのはかなり違うと思うんだけどね。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト