★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

思想に偏り?言論の自由は無いのだ!嘘は良いんだね‥‥

2017年3月1日【水】08時58分14秒
色々な所で記事を書いていて思う。
本当の事を隠すのは嘘ではないのか?!と‥‥

記事を書く時に要求される事に、必ずと言える3つのポイントがある。

①偏った思想によるもの
②批判
③嘘

まあどれも分かる。
考えが偏っている場合は記事として万人ウケはしないし、批判は敵を作る。
そして当然嘘があっては記事の価値がない。
当然と言えば当然の要求だ。
しかし、そもそも題材として難しいものってもの存在する。
それを要求している以上、駄目なものはハッキリと先に言っておくべきではないかと思うのだ。

例えば戦争の話。
殺し合いが行われるという視点で見れば、それはやってはいけない事だというのは概ね統一見解だ。
だからこれは偏った思想には当たらない。
少なくとも今の価値観ではね。
しかし日本の戦争が間違っていたかどうかという事を判断するには、多くの事実、多くの視点から発言する必要があり、単純に「間違っていた」というのは思想の偏りと言える。
だからこういう話をする時は、とにかく事実を話し、そしてどういう視点で見れば間違えているのかを話す必要がある。
それもまた人によって考えが分かれるものならば思想の偏りとなるわけで、結構この辺り難しい。
後は書き手の個性という部分であり、十分配慮した形ならばそれは思想の偏りとは言えないのではないだろうか。

まあでもそれを偏りというくらいなら納得もできなくはない。
しかし事実を書き、あたり前の見解をしたとしても駄目な場合がある。

神道という宗教について語る時、天皇陛下の話をしないわけにはいかない。
特に日本人にとっては天皇陛下無しでは語れないものだからだ。
それを話さず神道を話したら印象がまるで変わってくる。
つまり神道について正しい認識ができないのだ。
だけどそれすら否定される事が有る。

日本にとって神道とは文化そのものだ。
例えば日本では、生まれは神道、結婚はキリスト教、死ぬ時は仏教などと言われるが、ここから見ても神道が特別である事が分かる。
色々かじっているように見えて、その中身はまるで違う。
キリスト教の結婚式は、別にウエディングにしなくてもいい。
選択肢があるのだ。
ただ、それを選ぶ人が多いというだけの話である。
そしてその結婚式に対してお金を払っているだけなのだ。
クリスマスにしても、国民の多くがお祝いはしているものの別に祝日というわけではない。

仏教の方がまだ日本に浸透している。
死んだらちゃんとお葬式をあげ、弔うのが日本の文化だ。
死んだ時だけではあるが、ちゃんと文化の一部となっている。
ただこれも葬式に対してお金を払っているだけで、信徒とかそういう話ではない。
それでもお参りして賽銭を入れるくらいの事はするので、一部運営にも関わっていると言える。
信徒ではないけれど、かなり日本の文化として受け入れられているのだ。

そして神道は、仏教以上である。
初詣に行ってお賽銭を入れた事がないという日本人はどれくらいいるだろうか。
七五三や縁日には行かないのだろうか。
祝日も神道がかかわっているものがいくつかある。
昔は祭日としていたが、今では名前が変わり祝日となって残っている。
勤労感謝の日や建国記念の日に休んだ事がない人はいるのだろうか。
日本人なら多かれ少なかれ神道とかかわっていて、信徒ではないけれどほとんど文化に溶け込んでいるのだ。
子供を躾ける時、親は言う。
「お天道様が見てるから悪い事はしちゃだめだよ」
神道には教典は存在しないが、教えは日本の文化の中にしっかりと存在しているのだ。

これを日本人全員神道信徒のようなものだと表現するのは間違っているのだろうか。
氏子ではないので信徒ではない。
でも日本人が作り上げた神道という宗教は、日本人の文化なのである。
だから日本人の思想で作り上げた神道は、日本人の思想そのものであるのは当然だ。
もちろん、時代の流れと共に変わる事もあるが、その流れと共に神道も変わってきている。
そしてその考えに外れている人も当然いるだろうが、そんなことを言えばあたり前の考えも偏った思想となってしまう。

言論の自由って、確かに個人レベルではあるにはある。
というか言った事で何かがあったらそれは自己責任というだけで、何でも言えるのには違いない。
しかし、それを発信していくとなると、自分一人の力だけではどうにもならない。
だから例えばメディアを通して発信していく事になるのだが、そこにはもう自由はないんだよね。
まあそれは分かるのだけれど、話すのなら誤解が起こらないように全て話をしないと嘘になると思うんだけど。
テレビの場合は切り取り報道を批判されていたりもするけれど、他も都合に合わせて切り取りするんだよね。
それは仕方がない部分もあるけれど、かかわると納得できない事が多いな。

何が言いたいかって、知っているのに知らないフリはできないって事。
何かを話す時に、何かを隠して印象を変えるような事はしたくないのだ。

そんなわけで、今の世の中の風潮では言論の自由なんて形だけだなって思う。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト