★ 

秋華のつぶやき

 ★
★ 

秋華神社

 ★

秋華の個人ウェブサイト-ネット神社-

 RSS XML
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • FREECGI
  • TOP
  • 神社辞典
  • 他説明等
--☆INFORMATION☆--
2017年4月25日【火】23時38分26秒
【(*´ω`*)】神社施設名称用語辞典作りました♪
2017年2月25日【土】11時01分31秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】14時02分42秒
【(*´∇`*)】声優やナレーターになりたい人へのアドバイスを始めました!
2016年8月12日【金】21時40分46秒
【(・∀・)】日本人だけが知らない「本当の世界史」
2016年8月10日【水】12時43分08秒
【( ´ ▽ ` )ノ】裏から表に出てきました!
2016年6月22日【水】22時17分17秒
【( ´∀`)人(´∀` )】つぶやきに対してのご意見ご感想は日本を考える会にて♪
2014年11月6日【木】13時42分25秒
【(*´ω`*)】ガチャ運収束診断ができました!
2013年12月4日【水】15時06分02秒
【(ヾ(。・ω・)ノ】ようやく落ち着きました!
2013年12月4日【水】15時05分24秒
【(*´∇`*)】此処はサイトの告知など、サイト全体に関することを発信する場所です。
--☆HOTLINK NOW☆--
ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」:千年の時を超えて明かされる真実
たった1つの図でわかる!図解経済学入門
大間違いのアメリカ合衆国
政治経済雑記&秋華サイト情報 はこちら♪
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★

【ゲーム】人気スマフォ向けゲームとなるには?気持ち良く課金できるゲームとは?

2015年5月23日【土】19時56分42秒
私は、今の課金するタイプのゲームは素晴らしいと思っている。
ソーシャルゲームが出始めた頃から、これからのゲームはこの方向に進むと言ってきた。
むしろこうしなければ、ゲーム業界が衰退してしまうとも何処かで書いた。
だから当然、この今の状況は想像した通りだし、これで良かったと思っている。
ただ、少し勘違いしているんじゃないかと最近思うところもあるので、今日はその辺りについて語ることにする。

課金には二通りある。
より楽しくゲームをする為の課金と、ストレスを取り除く為の課金。
どちらも金儲けの手段としては否定しないが、できればより楽しくゲームをする為の課金をしたいものだ。

勘違いというのは、ただ単純にストレスを与えて儲けるやり方は違うのではないかということ。

スタミナというものがある。
時間によって回復する、ゲームをする為の文字通りスタミナだ。
スタミナが無くなればゲームができないわけで、本来ならお金そのものと言ってもいい。
このシステムは一見ゲームをするのにストレスとなる部分だが、ゲームそのものが無料でできるわけだから、これにストレスを感じるようならそもそもそのゲームを始めようとは思わないだろう。
だからこれはプラマイゼロ、それが『当たり前のもの』だと考えられる。
そこに有料でスタミナ回復が可能となれば、これはより楽しくゲームをする為の課金となるわけで、このやり方はとても良いやり方だと私は思う。

しかし、もしもゲーム開始時にスタミナというものが無くて、いくらでもゲームができていたのに、途中からこのシステムが追加されたらどうだろうか。
スタミナが無いのが当たり前だったのに、後からそんな枷をかけられたら、それ以上ゲームを続けようとする人は少ないだろう。
つまり、『何が当たり前なのか』がスマフォ向けゲームでは重要で、それに対してプラスなのかマイナスなのかが、成功する大きなポイントとなると私は考えている。

その当たり前を決めるポイントが三つある。
一つはゲーム開始時のシステム。
次に無料ゲームであるということ。
そして最後に意味があるかどうかだ。
どんなゲームも、ゲーム開始時からあるシステムは、それは当たり前となって当然だ。
だから最初からあるのなら、どんな徴収手段が有ったとしても、既にゲームを始めている人にとっては問題がない。
しかし途中から導入する場合、それがどう受け取られるかは、多くは無料ゲーム基準から判断される。
無料ゲーム基準というのは、無課金でもちゃんとゲームがクリアできるのかどうかだ。
たとえばなんらかのストレスのあるシステムと、そのストレスを取り除く課金アイテムが導入され、その課金アイテムが無くても今まで通りクリアできる、或いは進められるのなら、その課金アイテムはゲームをより良くプレイするだけのものと言える。
しかしそうでない場合は、摂取目的が見え見えなのでユーザーはおかしいと感じるだろう。
そういうやり方は、ビジネスとしてはもったいないと思えてならない。
ただそれに意味が有れば納得もできる。
与えられるストレスがゲームに必要なものなら、それはあって当然なのだ。
又はそのストレスによってユーザーに良い変化をもたらすのならば、それもまた意味がある。
しかし意味もなくストレスだけが増え、それに対して課金を迫られても、それはユーザーのやる気も萎える。

勘違いというのは此の辺りだ。
ストレスを与えて、それを取り除く為の課金を迫るやり方は、基本的には皆同じだ。
でも、そう感じさせてしまってはダメなのではないだろうか。
より楽しむ為に課金していると思わせてこそプロなのだ。

そのストレスはゲーム開始時からあったものなのか。
それはゲームバランスを崩すものではないか。
あって当然のストレスなのか。
人気ゲームはきっと、此の辺りしっかり考えられている気がすると私は思う。

【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
 ■お勧め書籍 倉山満の『嘘だらけシリーズ』 本当の歴史が知りたい人へ!

Ver.5.00 CGIフリー配布サイト